令和最初の年明けに

改めまして皆様おめでとうございました。いや、松の内はまだだけど旦那さんの仕事も始まったし、正月モードはほぼ終わりかなと。今回の年越しはどこぞで既報の通りうちの実家で迎えたのだが、そこを詳しく書くとたいへん長くなるのでとりあえず横に置いといて、まずは全面的に正月らしい地元の話から先にいたしましょう。

帰宅した翌日、自宅で昼食を済ませて向かった地元での初詣は、毎年恒例の厄神さんへ。

て、なんすかこのでっかい絵は。
看板などの説明によると、お寺の創建周年と新元号を祝う目的で今年設置したばかりの「厄神龍王」らしい。またずいぶんと厨二感あふれる…あ、いや、意欲作を出してきたもんだ。

まあ令和言いたいのはわかる。元号変わってから正月を迎えるのは初めてやし。

元日に旅先での初詣にて、旦那さんの今年の星回りが悪いことが判明。一方の自分、ここでおみくじを引いたら凶。まあなんだ、今年は無理しない範囲で過ごして御加護を待てということで。

ふぅ。おまいり用に買っておいた初詣パスを使って、ついでに梅田へ出る。雑貨の買い物やら、ヨドの地下で早めに晩酌やら、おまけにもう一杯やら、あれこれ経由して最後に阪急ホームへ。正月名物を撮っておこう。

毎年柄が変わる初詣 HM と、基本的にあんまり変わらん七福神 HM。ちょうどいいところで並んでいた。

もちろん子年なのでねずみの土鈴。形状もかわいいから定番の絵柄やね。年賀状のイラストに選ぶ人が絶対多いやろと思って、当家の年賀状では全力回避したモチーフである。

で。あとはこれまた毎年恒例、終端の正月飾り。ただ今年はちょいとアレだった。

基本的に全部ほぼ同様のデザインと花で構成されていて、一見するだけでは全部同じじゃないですか感。わりと間違い探し。

よーく観ると、花のような形をした葉(名前わからんけどたぶんそういう品種)の色味が入れ替えてある。あとは木のチョイスと餅花の有無くらいか。

唯一明らかに違う花を入れてきてたのが5号線。真ん中だから他よりちょっとだけ盛ってくれたんですかね。

休日ダイヤの19時以降ということもあり、7号線には車両が入らなかったり、ほかの奇数号線でも初詣 HM つきがまるで来なかったり。

まあなんだ、毎年盛り続けても際限ないし、飾ってあることに意義があるってことで。

と、そんなこんなで正月終了。

土曜は普通に週末のお買い物。日曜はちょっと片付けるだけのはずが、不要書類の大量発掘でシュレッダー大会の様相を呈してきたため、あわててヨドに駆け込み、念願の電動シュレッダーを手に入れた。楽だった。戸塚から引っ越す時に買っときゃよかった。

Like
Share