小さな駅の大変革・9月下旬の巻

金曜は健康診断と飲み会だけで終わった印象。珍しく4杯くらい飲んで、調子は悪くならなかったが眠い眠い。今日は片付けの合間に寝てたりしたら、あっという間に1日終了。
さて、当初告知されていた9月末が来たが、結局工事は完全には終わらなかった。そんな最寄り駅定点報告。

9/21。

ベンチが置かれた。全部で3脚、中央が2人掛けなので着席定員12名。座って待つ人そんなにいないし、と思ったら数日後には結構座られてた。

9/22。

例の半透明屋根の明かり取り効果を確認。晴れていないとよくわかんない。

9/24。

前から気になっててんけど、この半端なコンクリは何なんだ。旧2号線ホームへ向かう側が途切れ途切れになっている。その奥を何かに利用するフラグだろうか。

9/27。

雨で判明したこと。奥(線路から遠い方)の柱より後ろは屋根が機能しないと思った方がいい。

9/28。

あれ、喫煙コーナー前に広告パネルあったっけ。7月や8月の写真には写っていない。枠がそこそこ古いので、もしかして旧2号線からはがして再利用だったりして。

ここ数日は工程表に「片付け」って書かれてたんよね。多分、防護柵の向こう側=旧2号線の上を片付けてるだけ。だから工事が進んだ気がしない。

9/29。

今更気がついた。半透明屋根、真ん中らへん(北から2両目の北端辺り)だけ不透明。強度的な問題なのかどうか。

9/30。事前に告知されていた最終日のはずだったけど、大きな変化はなし。

夜中にどんな「照明設備」を設置したのかは、まだ検証できてない。
しかも10/1から数日休工…って、このシリーズ今回で終了になる気がしてならない。そのうち「まとめ」くらいできるといいのだが。

Like
Share