すみっコは、なんかいいね (2) あそぶ海辺

3連休初日、天気いまいちと予報で伝えられていたことから、掃除や買い物など軽微な行動に収める。が、思ったより天気の回復が早く、最終的にぼちぼちの暑さ。9月中旬にしてはまだ気温高めのような気がするね。明日はちょっと息抜き予定。
なわけで先月の南海派手ラッピング鑑賞会、後半は別の車両を。

高野線車両から遅れること数分(実際は高野線プチ遅延により「直後」に近い)、もう1本が難波に到着していた。20分くらい停まっている計算なので、これから観に行っても間に合うだろう。

ラピートさん。かつてはかなりの頻度でお世話になったもんだが、お久しぶりです。前日のお披露目会では長時間停車の上、乗務員室にぬいぐるみをぎゅうぎゅう置いていたらしい。通常運用なのでそういうのはないけど、装飾はバッチリ。

て、そんなとこまで(鼻先)。告知サイトの側面パースではわからなかったサプライズ。

という 50005F をじっくり観て回る。

ほんとは乗車側から観察開始したんだけど、なんせ夕方、西日の反射などでアレやったんで、先頭付近から降車ホームに回り込んで一部撮り直し。

1号車と6号車は、とかげが思い描くおかあさんと海での再会シーン。阪急で覚えたキャラ設定を反芻。

2号車から4号車にかけて、話がつながっているように見える。加太の海を思い浮かべ、おでかけを画策。

みんな揃って現地へ出発。

そしてみんなで釣りタイム。

5号車は水族館かな。白浜はパンダだけでなく海の生き物も多いし。昔の CM の影響でシャチのイメージも長く持っていたんだが、現在は飼われていないようだ。

大半の車両に鯛が書いてある。加太を推しているのは、加太線でも連動企画があることを踏まえたものだろう。正直言って難波からでも加太はぼちぼち遠いので、行けたら行こう。

ラピートもまた、多くの見物客に見送られて出発していった。

最後に、ラピート用待合室がデコられているのをチェック。以前ここで豚まんをおやつにした記憶。

もともと年末頃まで予定されていたスタンプラリー、延長の有無はわからんけど、開催されたらやろうかな。情勢がもうちょっと落ち着くことを願いつつ、この日はお開き。梅田に戻り、空いている飲食店でさくっと夕飯をいただいて帰宅となった。

Like
Share