新し物は江戸の華 (3) 極める天空

作業用 BGM として手持ちの曲をかける場合、歌入りは集中できん(一緒に歌っちゃうから)と思ってたんですわ。ところが先日だめもとで試したところ「文字を書いていない時なら無問題」ということが判明。むしろ捗った。これで選択肢が広がるぞ。
さて2月東京はさらに高いところへ。

実を言うと当初、スクランブルスクエアに課金する予定はなかった。というのも、もっと高い場所を予約課金済だったんで。お宿にチェックインした後、今度はそっちへ向かう。

コレもまだだったのよ、スカイツリー。
首都圏在住時は「高いんだよなぁ(財布的な意味で)」って感想が先立った結果、課金に踏み切れず。遠隔地に住む今だからこそ、おのぼりさん気分で思い切れたという側面もある。なわけで今回、予報が良好であることを確かめた上で事前購入しておいた次第。せっかくの機会、もちろん上下フロア通し券である。

ではまず、高さ 350m の「天望デッキ」から。

うお。さっき渋谷で観たのと明らかに高さが違うぞ。あっちは 230m くらい。100m の差は大きかった。

あと立地が全然違うんで、景色も意外と異なる。ここは墨田区。渋谷新宿がだいぶ向こうに見える。

そこの緑地は上野かな。さらに奥のビル群が池袋。

隅田川をたどって北を眺めれば、はるか遠くに埼玉。旦那さんは近隣施設から実家方面を類推していた。

渋谷同様、こちらでもつい探してしまうのが電車のたぐい。

浅草寺付近に目をやると、りょうもうが出てきた。しかも真っ赤な面積が多いリバイバル塗装。狙って撮ってるわけじゃないので運がよかったね。

あれは貨物の隅田川駅かな。ここからでも無数のコンテナが見える。

足元を通りかかるリバティ。て、まともに撮ったことないから初撮影がこの俯瞰てことになるんか。まあそのうちね。

ぐるり回ったところで再びエレベーターに乗り込み、さらに上の 450m 相当「天望回廊」へ。

来てわかった。外を撮るのには下層の方が向いている。手すりから窓まで距離が開いている箇所が結構あって、つまりそういうポジションでは写り込み不可避。まあ目で観ろってことっすね。

と言いながらも撮る。千葉方面もよく見える。

ほとんど真上ビューのスペーシア。いやほんとに真下の建物は屋上しか見えんからね。空撮みたいになっとる。

回廊というだけあって、順路通りに進むとぐるぐる回ることになる。そんな中、特徴的な柱を発見。

えーと、一般人が立てる場所としてはこちらが最も高い地点のようです。451.2m。当家としては、日本国内の建物ではハルカス(60階:288m)を抜いて最高地点更新。海外を含めても過去最高が香港の sky100(393m)なんで、やっぱり更新。

このあと観たいものがある。それまでのんびりと待機しつつ、なにかと撮る。

浅草寺にちょっと夕日が当たっている。平日やし時間も時間だし(もうすぐ17時)人影はまばら。

電車あり道路あり、荒川にもいろんな橋がかかる。

曳舟付近に派手な電車を発見。ごく短い区間を走る、亀戸線専用車両のようだ。

東武と並んで京成も走っている。おや? あのオレンジ色はもしや、今回東京入りして早々に乗車した車両では。おそらく 3100 形であろう。19年投入なので、もちろんまともに撮ったことはない。

そうこうするうちに、陽はどんどん傾いてきた。ながーい影が荒川を越え、江戸川に届かんとしている。あと少し。

Like
Share