異邦人、香港に遊ぶ (5) 滞在空間

すっかり冷え込んでまいりまして、秋冬らしいものが食べたくなる頃合い。てことで、今季初のぶり大根。出来はまあまあかな。そろそろ鍋の出番も増えるだろうから、白菜やねぎなど高騰しないでいただけると大変助かります。
さて香港ですが、今回のお宿について。

今回も尖沙咀エリアに宿泊となった。まず九龍までのきっぷを買う。
前回買ったのは、エア快往復に3日間 MTR 乗り放題がついたトラベルパス。特典を使い切った後は普通のオクトパスとして使える。それを前回リロード(日本でいうチャージ)した分がまだ残ってたんで、同じモノを買い足すのはもったいない。そこで別のカード登場。

これはグループチケットという。2〜4人で一緒に乗るとき用のセット券で、例えば2人で九龍なら1人あたり $90 のところ $75 に割引される。片道のみ発売、購入当日のみ有効、などに留意すれば便利。帰りも買おう。

車内写真とかは一昨年の記事に譲るとして、相変わらずの快適さで悠々の九龍到着。

例によって主要ホテルへのシャトルバスへ乗り継ぐ。

でだ。今回のお宿はこんなところであった。

シェラトン香港ホテル&タワーズ。前回のハイアットをも凌ぐ5つ星だが、たまたま早割で安かった(部屋指定不可)からこそのチョイス。後で確認したら「ハーバービュールーム」に該当するようだ。

トイレの脇にはセパレートでバスルーム(浴槽付き)。
いやいや普通に綺麗やないですか。中の人の対応は丁寧やし、アメニティ補充やタオル交換も必要十分やし、水も氷も毎日くれたし(氷要らんて言ったらチョコくれた)。ネットで読んだ低評価の皆さんはいったい何が不満なのか。なお、オサレすぎる洗面台の蛇口がちょっとだけ向きを変えられることに気づいたのは最終日。

海外旅行で気になる電源も、汎用アダプター付きで問題なし。

そして無料スマホ。3G 回線につながり、なおかつテザリング親機になる。無料なので通信料も無料。まじ便利。街で無料 Wi-Fi 拾う手間がほぼ省けた。
やり方をパンフではっきり書くほどのテザリング推奨っぷりだが、公式サイトには「無料のスマートフォンのご利用」とあるのみで、部屋でも外でも使えるインターネット環境としては扱われていない。PR 不足がもったいないので、もっとわかりやすい表記をおすすめしたい。

そうそう、どのくらいハーバービューかというと、このくらい。

まあ低層階ですから。それでも島のビル群はかなり見えており、雰囲気は充分。

夜もこんな感じ(むりやり合成のため、中銀タワーと中環広場の間が整合性取れてないのは御愛嬌)。

ではそろそろ出ますか。でも屋外へ出る前に、ちょっとロビーへ。

このロビー周りがすごくいい。片隅でくつろいでる人たちの気持ちもわかる。

欧風と中華風のハイブリッドという、香港ならではの地域性もどことなく感じられるデザイン。

なわけで、今回はこちらで3泊お世話になりました。

唯一難点を挙げるなら、若干のアクセスの悪さ。いや、場所は彌敦道に面していて全然悪くないんだが。地下道から直結出口がないのも雨の日つらいけど、もっと残念なのはシャトルバスの下車場所。

コレはもう完全に尖東駅でしかなく、シェラトン最寄りと言い張るのは苦しいぞ。車寄せの天井が低くて入れなかったのかなぁ。

Like
Share