OtiS IV

えーとですね、多分このシリーズすんごい長いっす。なんとか出力の目処が立った現時点で全35回は堅い。でもせっかくなんで覚えてる限りのことこってり詰め込んでいきますんで、のんびりおつきあいいただければと。
ということで初日ラスト。主に今回利用したお宿について。

結局、成田出発時の遅れを取り戻せないまま香港に着陸。西向きに飛ぶ以上、回復運転(?)がまともにできないのはしゃーないわな。
ここから宿まではスピード勝負。電車があるうちにさくっと行きたい。が、入国時に書かされるちっちゃい紙のどこに何を書くのか見極めるのに時間がかかってしまう。てきとーに書いて無事手続きを終えたが、荷物が出てくるのもだいぶ遅かったんで、結局30分くらいかかるのが仕様らしい。まあこれでもスムーズな方か。

到着ロビーに出て早々に「パス」を入手し、当座の小金だけ両替。現地時刻21時を過ぎていた中、自動両替機が動いていてくれて助かった。で、電車に乗る。

香港に住んでない人しか買えない「機場快線旅遊票(Airport Express Travel Pass)」。空港から市内までの移動に、速くて快適なエアポートエクスプレスを使うことができる。エア快(以下略)に乗る回数によって2バージョンあり、これは往復版。
さらにいろいろな特典があるのだが、まず初日の段階で助かったのがこれ。

九龍または香港で下車すると、駅から主要ホテルまでのシャトルバスにただで乗れる。我々のお宿もコースに含まれていたので迷わず利用。

バスの大きさはコースによって異なる。うちらが乗ったのはこちらのミニバスサイズ。最終日にも見かけたので撮っておいた。多分、うちの宿と隣の宿の車寄せが狭いからだと思う。

ただし、だからといって決してお安いお宿ではございませんでして。

どーん。
ハイアットリージェンシー香港尖沙咀。安心安全の星4.5。ほら、いろいろと情勢不安定な時ですし。だいたいツインのはずがキングにアップグレードされたのもアレの影響なのでは。

このようにおしらせの紙もいただいておりますよー。なになに、デモ開催地には近寄るな。うーん、考えとくわ。

コンセントにはかなり汎用的なアダプターが刺さっている。ここに海外用のタップ(240V まで対応)をつなげることで、スマホも一眼も充電できた。本体が全部グローバルに売ってる商品で、充電器が高電圧に対応してたからともいう。

無線 LAN もあって、カードキー添付の紙にパスワードがついていた。おかげで室内滞在中は WiFi のみでネットが可能に。ただ、時間帯によっては恐ろしく接続が悪く、他部屋と回線の取り合いになってた感もあり。さらに持ち出し可能っぽい無料スマホまで置いてあったが、なくしたくないとか荷物が増えるとかで結局外では使わず。

眺望がいい方ではなかったものの、窓に貼り付けば毎日のように朝日を拝むこともできた。

なお、宿のあるビルは上層階が別用途、下層階が既出の通りショッピングモール。

車寄せは地下。他の出口は、車道に面したところは意外と目立たず、モール直結の入口はさらにわかりにくいという不思議な構造。ま、中身が快適ならそれでよし。

ともかくここに3泊したわけで。お世話になりました。

Do you like this?

同じカテゴリの記事