実録・おひとり様物語 息吹編 (1) 桜はまだかいな

先日の「桜と阪急」の時点で展開読まれてたかもしれんな。
春っぽい500を撮りたくなったので、ちょっと行ってきた。

というのもだね、先月の静岡横断撮影大会用に仕入れた18きっぷ、実は3回分だったのだよ。うち2回を消費して、1回分をどうしようかと思ってた。で、天気予報観てたら、どうも18きっぷ有効期限までに確実に晴れるのは、この土日だけっぽい。
桜だより(by サイバーステーション)によると、残念ながら対象地域の満開はまったく期待できないが、きっぷ消費がてらとりあえず行くだけ行ってみるかー。

今回も新快速の世話になる。静岡帰りの時から気になっていた、米原の試験車両軍団は、やっぱりどうしても走行中の車両からはうまく撮れない。柱が邪魔をする。

いつか、ちゃんと下車して会いにいってみたいものだ。

その米原から、東海区間へ2駅行けば、第1目的地。

初上陸、近江長岡。駅前の桜はそこそこ開花。だがしかし。

あーやっぱりー。咲いてすらいない。手前(民家の外周)じゃなくて、右下の赤っぽい木のことね。近寄ってみた。

1週間早いんだよ、てことすか。そうですね。はい。
というわけで、伊吹山を望む田園地帯にやってまいりました。本当は山が白いうちに来たかったが、まぁそれはそれ。

さーて。時間はたっぷりある。ポジション決めと練習をじっくりやろう。
まずは鳥の声を BGM に、大阪で途中下車して買ったカツサンドをぺろりといただく。その間にも時折駆け抜ける、白くて長いやつら。飛行機のような走行音がよく聴こえるのは、防音壁がないから。つまり、撮るにはもってこいってこと。

とりあえず菜の花をぼかして入れて N を撮ってみるも、なんかいまいち。緑薄いし。ていうか畑の支柱に先端かかってるし。

桜がなぁ。くやしいなぁ。諦めきれずにうろうろ。…おや? 一番端の木、花こそ咲いてないが、今にもほころびそうなつぼみがたくさんついている。ちょっとこれ入れてみっか。下ってきた700で実験。

あ、角度工夫すれば入らんことないね。では300でリハ。

こんなもんか。さー500くるぞー。

…何故だろう。明らかにシャッター切るのが早い。多分無意識のうちに先端の見切れを警戒して早押ししちゃってんやろな。しくしく。ほんとはね、ぎりぎりまで粘るのに成功したら13両入るのよ!

山とともに、残り数ヶ月の「ながーい500」を楽しめるということが判っただけでも、来た甲斐はあったかな。それと、きっと来週末なら最高の桜入り写真が撮れるであろうことも。来週末…週間天気がいまいちなのと、土曜は梅田って決まっちゃってんだよな(ぱふゅ公録参加に挑戦)。

今が盛りの菜の花の一群を700とコラボさせたところで、今日の新幹線はおひらき。30分に1本しかない、東海道線を逃すと痛いからね。では、もうひとつの目的地へ向かおう。

Like
Share