そらのあしもと (3) 一瞬のならび

昨日は遠出してきたのだが、暖かいと思って若干春めいた格好していったらスーパーびゅう状態でえらい寒かった。そういうのはもうちっと季節が進んでからにするか。じゃ、浅草駅撮りの話ラスト。

特急が入るホームは3・4番線に限られているようだ。

午後になると安いってのはオフピーク割引の類やね。温泉入ってくつろぐだけならありかも。

一番右側のは来なかったが、そんなことよりアイコンが詳細すぎる件。普通そんな線(ジャンパホースといいます:旦那さん解説)まで描くかと。

ただ特急しか入らないかといえば、必ずしもそうではないようで。

続いてやってきたのは特別料金不要の列車。終端駅の利点を活かして、定番の真正面でお迎え。

「区間快速」は途中のワープ区間が長く、一部地域の人には便利なものらしい。

一気にどばっと人が降りていき、その後はしばし流れが落ち着く。スペーシアの奥にも線路はあるのだが、あちらまで見通すのはちょっと厳しいようだ。

区快は10分ほどで折り返していった。

それから5分もせずにまた特急。

あ、りょうもうだ。その節はお世話になりました、ってもう5年以上前か…。

この駅に来る特急車両3種のうち2種が並ぶと、昭和の香りを残すこの構内もなんとなく華やかさが増したように感じる。
そういや、この駅って3本以上の並び撮影は可能なのだろうか。やってみた。

あー、これはかなり無理やり感がありますねぇ。駅の古さを考えると、やたら柱が多いのも致し方あるまい。

と、ひとしきり楽しんだところで改札を出た。

駅ビルは昨年リニューアルされたと聴くが、歴史を感じさせる風合を残せるところは残したようで。

改築前どんなんやったか見事に忘れさせる、なかなかナイスな復元っぷりではなかろうか。

Like
Share