カメラ夫婦の会 (2) 雅な森の庭・1

昨日は午後からちょっと成田…のつもりが何故か夜までロングラン撮影タイムになってしまった不思議。爆睡中に寝返りがほとんど出ないほど猛烈に疲れたが、その分おもしろいものがいろいろ撮れたし。わいわい喋りながらの撮影もいいもんだ。
てことで、こちらは引き続き鎌倉散歩のお話。

鎌倉駅からてくてく歩いて、30分くらいかな。

報国寺に到着。我々は歩いてきたが、すぐそこにレンタルちゃりも停まっていた。

本堂に至る庭にも緑があふれる。さりげなく仏像が景色に潜む。

で。本堂だけなら特にお金はかからないのだが、ここでいくらか納めると有料の拝観エリアに入れて、さらにちょっと追加するとお茶もいただけるとのこと。ついつい払う4人衆であった。

ここから先は「竹の庭」。文字通りの景色が広がっていた。

細い道をぐるりと囲む見事な竹林。きっと新芽(?)が出る頃には「雨後の筍」を絵に描いたような状態を楽しめることだろう。

180度どこを見回しても竹づくし。たまにかくれんぼのように、ぽつんと小さな像が埋もれている。

勿論見上げても竹に覆われた空。ここで旦那さんが颯爽とお魚レンズを取り出し、A 氏への販促活動を展開していた。

ところで、お茶がいただけるというのはこちらですか。あ、建物発見。

緑鮮やかな竹林を眺めながら、もっと緑鮮やかなお抹茶をいただく席。
朝とはいえ土曜だからかそれなりに賑わっており、ゆったり眺められる最前列は「2人掛け×2セット」なら座れそうな感じだったので、2組に分かれて空いてる所に入らせてもらった。

お茶菓子は小さな落雁。この大きさでもしっかり甘く、抹茶1杯には意外とちょうどいい。結構な御点前でございました。なお、この落雁の下にひいてある紙はお持ち帰り可能。

Like
Share