OtiS IV

ふぅ。金曜は会社で歓迎会がありまして、自腹じゃ行かないようなコースをおいしくいただきました。知らん人がいるなと思ったら他社出向中だったり、一方自分は新人氏に社員だと思われてたり、まあ人生いろいろっすね。
なわけでまだ散ってないけど今季の桜まとめ。今年は比較的安近短で済ませた感。

水曜。帰りの早いわたしが事前に酒とつまみを仕入れておき、旦那さんの帰宅後それを持ってちょっとおでかけ。木曜以降徐々に天気がいまいちになるという予報だったため、満開を待たず夜桜花見を敢行した次第である。

とはいえ、五分咲きと見込んだ公園の木は予想より花開いていた。もっと咲いてないかと思ってたんで嬉しい誤算。

最初に広場で晩酌をたしなみ、ほろ酔い気分になったところでゆっくりと木の下を歩く。花もだんごも取りますよ。

今回の写真、モノによってホワイトバランスや質感がまるで違ってるのは、提灯が付近にあるかどうかの差も大きい。高感度の上限(5D2:ISO 6400)いっぱい使ったんで荒れてる側面もないとは言わんが。

この提灯は市が夜間ライトアップでつけているもの。期間中は22時くらいまでやっているらしい。花がよーく見える強力投光器もいいけど、風流なのはこっちかな。

猪名川名物ビッグハープも光に照らされ、桜景色にアクセントを添えている。

そうそう、この日はとてもよく晴れていて、月も綺麗に見えた。満開の週末にこの天気があれば言うことなしやったんだが、まあそうはうまくいかないもんで。

我々と同じように考えた人も意外といたようで、平日夜にもかかわらず公園内はそこそこ人の行き来があった。とはいえ、翌日も仕事。長居は禁物ってことで、20時頃には引き上げる。

よく考えると、桜は毎年観てるけど夜桜となるとそうでもない。写真的には条件が厳しくなるけど、眺めて歩く分には夜もまた違う風情があるもんだ。

てことで、この日はお開き。週末はどこへ行こうと気の早い思案をしつつ帰宅の途についた。

Do you like this?

同じカテゴリの記事