OtiS IV

木曜は忙しかったので、水曜に行ってきた大阪城公園のネタでもひとつ。


あらいい天気。ってこういう現代的な絵を撮りに来たんでなくて。

大阪城には梅園がある。ぼちぼち標準的な品種が見頃になってきたようなので、好天の日を狙ってやってきた。もともとは母の発案。
早咲きは既に散ってたり、まだつぼみの固い木もあったが、ぐるりと回れば結構いい感じの花も。花粉避け(症状ないけど一応防備)のマスク越しでも、ほのかに香りも楽しめたりして。

しかしだな。梅の写真は難しい!

桜と違って、引いて撮ると見せどころがよくわからん。こういう具合に枝振りが目立つ木はわりと絵になるけど。


必然的にマクロ撮影連発になるのであった。

もしくは角度を工夫して、密度濃いめに見せてみる。

おっと、忘れちゃいかん。この場所ならではのシーンがあるよ。

梅の向こうに天守閣。を撮れる場所が超限られていて、城が木で隠れたり梅が咲いてなかったり。数少ないポイントは順番待ちになった。この絵も3分くらい待ってようやく確保。

ひとしきり回って、ぼちぼち帰ろうとしたとき。

…ん? この木…

1本で2色の花がついてるー! どうなってんだ。接ぎ木なのか、そういう品種なのか。梅知識があればもうちっと深い楽しみ方ができるのだろうが。
などと思いつつ、平均年齢の高い梅園を後にした。野鳥の会が餌置いて張り込んでたけど、あれは何狙いやってんやろ。

Do you like this?

同じカテゴリの記事