小江戸ぶらぶら (2) 楽しい細道

久々に湘南歩いてきた。これまた久々に釜揚げしらすも仕入れたので、帰路に買った春キャベツも含めると夕食がとっても春色に。季節の味わいがある食卓っていいもんですな。
では引き続き川越のあれこれを。

前述の通り買い食いはちょいちょいしてるけど、やっぱおなかすくよね。と、横丁の外れに突如現れた建物。

素敵な佇まいのこちら、よく観たらベーカリーと書いてある。しかも購入後気づいたのだが、店の横にある空間はイートイン用のオープンデッキ。これはちょうどいい。

ということでパン買って、買った人限定で無料サービスのコーヒーと合わせていただきまーす。生地自体がほんのり甘めでおいしゅうございました。

空腹を満たしたところで、散策再開。メインストリートへ向かって歩いていく。

横丁界隈では、地元の芸術家かなにかの人が作ったらしきスチロール製動物がいくつも置いてあった。これもそのひとつだが、5円玉含めておそろしく出来が良かったのと、背景とのあまりのミスマッチに思わずシャッター。

路地の途中にコーヒー屋さん。何故かこの周囲には洋風の喫茶店がとても多かった。

職人芸を求められる業種のお店も多い。こちらは看板とか木製品系。よくできてんなー。

表通りに戻ってきた。おや、あちらに工事中の建物が。

骨組みを観ていろいろ納得。町並みの雰囲気保持と、昨今の耐震基準への適合、これを両立させようとするとこうなるのか。なるほど。

その向かいに、小江戸横丁と書いた細道があったので入ってみた。ぱっと表から見えないところにも、いろんな店が隠れて元気にやっている。

再び外に出ると、そこへいかにもレトロなバス登場。うちらが乗ってきたのはごく普通の路線バスだったが、こんなのもあるのか。選んで乗るなら下調べが要るのかな。

と、そこへ、大通りから細道へ曲がってくる車が。

さっき歩いてきた道を普通に入っていった。ま、1本入れば普通の住宅街と言えなくもないし、地元民だって車くらい使うよね。うん。

Like
Share