なないろ光に希望をのせて (1) 賑わい呼ぶ街

新しいトースターを買ったということは、古い(壊れた)ものは捨てるわけでして。そんなとき自治体によって必要なのが粗大ごみ券。ごみ券や指定袋って市内しか売ってないんだよなぁ、と買いに行ったら、隣市のも扱ってた。取扱の有無は店の立地次第か。
さて今回は昨年の暮れ、冬の風物詩をぶらぶらと。

12月に入ると、そろそろクリスマスの電飾が多くなってくる。そんな時期を見計らって梅田に足を運んだ。

まずはアプローズタワーから出発。天窓で明るい環境ながら、高い吹き抜けを活かした背の高いツリーが映える。

そこから西へ進んでグランフロントへ。こちらも吹き抜けツリーが目的なんだが、行ってみたら予想外の状況。

なんかコンサートやっとるし。終演後のアナウンスによると、どうやら近隣の音大系(芸大の学部も含む)から学生さんを呼んできてクリスマスソングを演奏してもらう会だったようだ。

今年の造形テーマはディズニープリンセス。正面中央があの映画の姉妹っすな。シルエットだけが並んでいるけど、わかる人には形状でどれが誰か判別できるに違いない。

南館のおもてに出たら、LED をまとった木々に囲まれた広場では恒例のつるんつるんが盛況。スポンサーが変わったからか、中央に鎮座するキャラはざっくぅではない何かになっている。

屋外のイルミネーションを楽しむには、しっかり日没後、暗くなってからが本番。そこであえて行列のできるカフェに並び、おやつもいただいてしばし時間を使う。ここで何かしら食べておけば、歩き回って夕飯が遅くなっても大丈夫だし。

いい感じになってきたところで、再び外に出る。阪神もリニューアルオープンしたフロアが増えてにぎわってるね。

梅田で「人出が多いイメージ」に使われがちな例の横断歩道を、信号が変わるたびにどっと人が渡っていく。アレ以前とまでは行かないまでも、都心部にだいぶ人が戻ってきたように感じる師走の出だし。

本格的な散策の前に、ついでだから阪急にもお立ち寄り。

今年もあちこちデコっております。もちろんショーウィンドウの方もクリスマス仕様だったんだけど、人通りが多いからもっぱら眺める専用。

出入口の制限(ドア単位で出入どちらかに限定)さえなければ、2年前とあまり変わらない雰囲気。

この大きなベルを飾り始めてから何年めかな。またそのうち、違うモチーフに変わることもありそうだ。

と、梅田界隈をひととおりチェック完了。

ではそろそろ南下していきますか。本命の御堂筋へと歩を進める。

Like
Share