年の終わりのためしとて (1) 七色は一瞬

えーと、贅沢な話で恐縮だが、在庫がおそろしいほど溜まっているので消化に入ります。昨年末帰省に伴う写真をまだ出せてなかったので、まずはそこから。

12月30日。我々は早くも関西入りしていた。実家に泊まるともれなく1泊2食がついてくるのは有り難いが、夜や朝の撮影を心おきなくやるには1泊自腹にするのがよかろう、という判断。
電車とバスを乗り継いで、早速やってきたのは ITM。すると、思わぬ歓迎を受けた。

うっすらと鶴丸辺りから発している虹。急いで撮るも、数枚シャッターを切るうちにすっかり消えてしまった。

伊丹といえばスカパー。都心にはない快適撮影環境を存分に楽しむ。

無難に管制塔とのコンビとか狙っていると、素敵なタイミングでモノレールが通りかかるおまけつき。

結構寒い中、それでも公園一帯は親子連れなどで賑わっていた。

虹が出たくらいだし空はいかにも不安定そうな気配を漂わせていたが、しばらくはきっちり順光タイムで行けそうだ。

じゃ、ちょっとそろそろ本気出しますかね。帰省用の衣類よりも大きいバッグの中身にお出ましいただいて、2人揃って白い筒(大&中)にアップグレード。
するとここでまたまたナイスなお客様登場。

エコボンきたー。ネタ機は狙ってない方がよく当たるもので。

せっかくでかい筒持ってるんで、それらしくドアップめのものも行ってみよう。

でも意外と難しいんよね。部分的に切り取る場合、どこまで入れるのが正解なんやろ、とか。

端から端まで全部入れる方がまだ簡単な気がする。

そして今回もまたスレスレ大賞。てかこれ入ってんのかね。

西日本の15時台にもかかわらず、早くも陽が傾き始めた。やはり冬の昼は短い。

ただでさえオフホワイトの機体がほんのりオレンジ風味を帯びる。

が、なんとなーく空港西側の空が「これから雨降らしまっせー」なフラグを立てながら近づいてくる。大丈夫かねこれ。

Like
Share