今日は一日ご近所三昧 (2) 河原の部・2

夕飯してたら、えらい近くで救急車の音。近所の建物に着いて、しばらくしたら出発。ああいうのって搬送先が決まるまで時間かかるという話を耳にするが、わりとスムーズだった。なにはともあれお大事に。
さて本日も下河原の辺りから。

前も書いたが、他のスポットに比べてここは小型機が近い。

スカパーからでは小さくしか見えないプロペラ機の離陸も、ここなら最前線での鑑賞。

滑走路2本がターミナルの西側にまとまっている伊丹。誘導路の標識も、比較的狭い範囲に集中して見える。

2本並んでいるので、こういう「並走」もわりとよく発生する。

着陸後、転がってくるときはさすがにもう逆光だが、ちっちゃい機材を普段より身近に眺められるのは楽しい。いや身近っつっても、APS-C にながーいレンズつけてますけども。

フラップに黄色と黒の警戒しましまがついている、とか、これまであまり意識していなかったポイントも見えてくる。

東京民の基準だと「トラフィックが少ない」という声が聴かれがちな当地。ただ、朝に関してはそれなりに出入りがある。

離陸に向かう複数機を眼下に、着陸もぼちぼち。

需要の多い都市へ向けて、大型機材も列をなす。

特に8時台前半は次から次に滑走路へと向かっていく。大中小の揃い踏み。

朝いち離陸が観たくて、朝飯前の稼働。おなかもすいてきたので、あとちょっと離陸鑑賞したら引き揚げよう。

昼間だと各社1時間に1本程度の大型機材も、朝はちょっと増量中。さっきのエコから30分でまた 777。

で、こっちは 787。しかも -9。
32L 正面から戻ってしばらくした頃、当家よりさらに空港近隣の住民らしきじっちゃんが近寄ってきて、尋ねてもないのにいろんな情報を提供してくれた。撮り貯めた写真のプリント披露とか、ターミナルが近々改装されるとか、下河原界隈の路駐はわりとすぐ通報されるとか、まあいろんな。
そこでコレも話題に出て、-9 は現行ダイヤだと夜着いて朝出る1往復でしか観れない、と。んでそれを観たくてじっちゃんは来たらしい。

我々もコレを合図に一旦撤収。おうちで朝食をとって、第2部に備える。

Like
Share