晩夏の空に (2) 西日かがやく

実家から「梨送るよ」の予告。多分近日中に到着するのだが、きっと例によって普通に食べたら食べきれない量と思われる。またジャムでもするかね。
さて、本日も引き続き9月の羽田から。

場所を移して、逆光承知の1タミへ。

タイミングよく、ジャンボの離陸を観ることができた。巨体の割にはなかなかいい立ち上がり。それが4発機の力ということか。

旦那さんは斜め後ろからの構図が撮れて嬉しそうにしていた。わたしはジェットの排気で揺らぐ背景萌え。

そういやさっき2タミのデッキで、平日とは思えんほど大きなカメラ持った人がうろうろしていて、なにかネタでもいるのかと不思議だったのだが、これは関係あったのだろうか。

証拠写真で失礼します。見慣れないものがいるなーと思ったら「トルクメニスタン」。でも前日からいたっぽいので無関係かも。

せっかく来たのでいろいろ遊んでいく。

それにつけても、しっぽの白い機体の増えたこと。ブリッジに停まっているものも、大半は白。

そんな中小振りながらも珍しくアークが来たな、と思って振ったのかというと、そうでもない。ただちょっと複数機欲張ってみただけっす。

この日は9月中旬。日没もまだそこまで劇的に早くなってはいない。

それでも斜光の美しさは徐々に出始めた頃で、極端な表現に走るのもまた一興。

控えめなラッピング機に、太陽色のラインをまとわせて遊んだり。

この調子で順調に陽が沈んでいけば素敵な夕焼け空も期待できたところだったが、残念ながらこれより下の地平線には薄いながらもがっちりガードが完成済。雲に阻まれる寸前、なんとなくオレンジ色の視界を楽しむ程度で終了となった。

Like
Share