OtiS IV

てんやわんやだった本日のお仕事。転勤やら半休やらで不在のチームへと相次ぐ依頼を、普段ほとんどタッチしてない人間ばかりでどうにかさばく。一応おおまかな構成が頭に入ってたからいいものの、さすがにちょっと手間取ったわ。
なわけで先日の帰省話はさらっと最終回。

浅草の地下から地上へ。東武の駅としては華々しさの大半を業平橋(旧称)に持って行かれた感があるものの、特急発着駅としてはまだまだ健在である。

にしても、なんだこの押しの強さは。SL 導入がそんなに嬉しかったのか。他社がやってるから羨ましい面もあったのかねぇ。

老若男女いろんな層に訴えかけようと、中の人が手作りでだいぶがんばっている模様。

そんな PR コーナーは置いといて、我々は特急のりばへ。…ん?

ってコレかい!

スペーシアの特別塗装「日光詣」。適当に取った「きぬ」指定席、狙ってもないのに1点物を引き当てる。今回のネタ運はここに消費されたようだ。

しかし何度観てもインパクト抜群のカラーリングですな。いうまでもなく日光のいろんな寺社仏閣をモチーフにした結果、いかにもそれっぽい色合いになったわけでございまして。特にやっぱり東照宮の絢爛豪華なあたり。

りょうもうもさすがに霞むこの派手さ。

取れた席は進行方向先頭に近い車両。では乗りますか。

すると現れる、浅草名物とんでもカーブ。もともとそんな長編成が来ていなかった時代からの駅ゆえに、南側へ伸ばすこともできないから仕方ないとはいえ、しかしこれはすごいわ。

もれなく渡り板がついてきます。目測で軽く 50cm は空いてるし、こりゃ大の大人でも容易には乗れん。

日光旅以来の乗車となったが、相変わらず乗り心地はよく、速度もよく。バブル末期の香りを残しつつ永らえている車両、まだまだ活躍の場はありそうね。

こうして、にわか庭師とおまけのレジャーで、1週遅れの正月帰省は終了。

翌日大阪へ帰る我々を、くっきり冠雪した富士山が見送ってくれた。

Do you like this?

同じカテゴリの記事