港をゆくベビーフェイス (4) 春の静寂

今度は首都圏各県が週末越境封じだそうで。となった途端にあの埼玉ムービーを連想する人だらけでつい笑ってしまったが、笑いごとじゃ済まなくなってんなぁ。9年前の買いだめ騒動も脳裏に浮かぶ。ともあれ、皆様どうぞお気をつけて。自分もな。
なわけでニュートラム界隈探訪の巻ラスト。

中ふ頭駅から ATC までは、歩いてもたいした距離ではなかった。だらだら行ってもせいぜい10分。そりゃインテックスも中ふ頭利用を推奨するわな、と納得したが、さっき改札前で東側通路を振り返ったら係員氏が立て札を持って待機していた。この日のイベントは中止。時節柄、しばらくインテでも催事の中止や延期が続きそうだ。

以前歩いた際の記憶を頼りに ATC の建物南端で海辺に出て、さんふらわあを横目に中心部へ。つくづく人が少ない。

本来なら週末は屋外ステージでも何かしらやっていたことだろう。ここぞとばかりに進められる、清掃だか点検だか。売上激減間違いなしであろう飲食店街へ微力ながら支援にと、前回とは違うカフェに入ってコーヒーを1杯。

そもそも、わずか1週間のインターバルで南港へ出直すきっかけとなったのは、コスモタワーでニュートラムの車庫がよく見えたこと。展望台、今日もやってるかな。

受付へ向かった我々を待っていたのは、ほとんど無人に近い吹き抜けと、閉ざされたシャッター。展望台が臨時休業に入ったのは、なんと当家訪問のわずか2日後。軽い気持ちで立ち寄ったアレは奇跡的なギリギリセーフだったのか。まぁあれだけ閑古鳥じゃ、開けるだけ赤字っすよね。このときは21日から再開予定と書いてあったが、その後やっぱり4月頭まで休業延長した模様。

そういや前週はこの吹き抜けがコスプレ撮影会場に使われていて、まだ往来はあった方だったな。あまりに人影のない空間を撮りつつも、現実味のなさに思い出すのは家具屋で聴いたあのぼやき。みんな気軽に出歩ける日が、なるべく早く来ればいいのだが。

さてと。ひとしきり撮れるものも撮ったことだし、そろそろ引き上げるか。

この日観測できた編成は、02、07、09、11、14、17。6本で運転間隔6分をまかなえるってことは、やっぱり片道20分ないんやな(時刻表による計算上は18分)。と思ったら、最後の最後で違う編成に出くわした。

21。02と同じ黄色かと思いきや、塗り分けが違う。側面が黒いし、正面の肩あたりにもワンポイントある。あとで確認したら「トラ」だった。後発の3本だけ動物モチーフに振ったらしい。唐突やな。

ATC からコスモスクエアまでもまた、歩いてもたいした距離ではなかった。とはいえ、ここ(厳密に言えば中央線の大阪港)から中ふ頭まで路線がつながっているのといないのでは大違い。接続のために別会社を立てたり紆余曲折はあったものの、最終的に運営を市交が引き取ったのは正解やったね。

というわけでコスモスクエア。よく観るとまだコマルが生き残っている。

駅前マンションは開業後のものだろうか、00年代以降の物件にありがちな構造(いつもの癖発動)。
と、観ての通り地上2階相当に車寄せと駅入口。そのまま海辺へ抜けることもできる。

釣りの良し悪しはさておき(ほんとは禁止)、沿岸のデッキにはそれなりに人がいた。しばらく海を眺めるのもいいけど、予報が当たってどんどん曇ってきたな。とっとと帰るか。

こうして近場路線めぐりは終了。中央線経由で帰路についた。
コロナ騒ぎが勃発して以来、まともな乗り物撮影は久しぶりのことだった。やっぱりほどほどに出かけないとストレスたまるんだよなぁ。人混みを避ける努力は続けつつ、うまいこと休日の楽しみ方を見つけたいもんだ。

Like
Share