OtiS IV

昨日は午後からたっぷり活動。したところ、今朝やたらと全身が重たくてびっくり。あ、沿線でへんな姿勢で撮ってたからか。こういうとき、素で柵を越せないちびっこ(?)はつらいね。
では札幌の話を再開。ここまでの流れであえて省略していたアレです。

そもそも「そうだ札幌行こう」がまた発動した最大の動機。それが雪ミクだったことはもうご想像の通りかと。

お宿にチェックインして出てきたら、最初に来た電車がこれ。到着早々に目的達成って、なんか去年と似たような話やな。

ただ、このデザインだと進行方向右前から撮るのはあんまり意味がないようで。さらに前面はデザイン違い。あとでまたちゃんと撮ろう、と言いつつ市内めぐりに出かけた。

んで、夜。JR を堪能しまくったその足で西4へ。ここで最終ミクを待ち受ける。

ダイヤが乱れていたからなのか、降車ホームを使わず直接乗車ホームに入り、降車側だけ開けて客を降ろしていた。そのすきに保存保存。

今年もやっぱり、二次元絵とねんどろ写真の競演。

今回のデザインを全否定するようでアレだが、ツインテールじゃないとあんまりミクさんに見えない、というのが当家の見解。まあでもかわいいことに異論はない。

しかし最近のねんどろは本当によくできてるねぇ。

ドア部分の絵柄はドアが閉まってる時じゃないと観れない。

前面ではヘッドライトで隠れている右手、こういうポーズだったのね。

6月にこれをお迎えして俺の嫁と言いはる人多数、なのか?

あ、やっぱこっちの方がしっくりくるわ。うん。

そうこうしているうちに幕転換も終わり、乗車開始。

もう時間も時間なので、図書館行き。このまま車庫に入って一晩おやすみとなる。

周囲で写真を撮る人はふつーのカップルや親子連れっぽい方が多かった。なんだかんだで地元キャラとして定着してきた証だろうか。

Do you like this?

同じカテゴリの記事