プロに学ぶ散歩 (2) 萌芽と接触

都電の話してる最中だが、今日も都電行ってきた。他にも複数掛け持ちしたのでちょっと疲れたかな。いや、天気が良かったからつい。てことで前回分の続き。

桜には断然早いのを百も承知で、飛鳥山。

だから早い言うたやんけ。でも、枝がほんのり薄紅色。

後日の満開に期待をふくらませつつ、とりあえずこの場は鮮やかな新車に彩っていただくとしよう。

園内で中井さん言うところの葉っぱイルミネーションを試してみるも、少々望遠が足らなかったようだ。もしくはもうちっと木に近づけるポイントを探すべきかと。

植物系はほどほどにして、歩道橋に移動。

相変わらず行列のできる交差点である。そして最後尾に律儀に並ぶ電車。車封じしてない併用軌道はどうしてもこうなるよねー。

原色どうしの離合を高みの見物。
しかし、事件はこのあと起こった。正確には事件ではなく事故。

さっきから軌道内にはみ出し気味だった軽ワゴンが、電車動いてんのに電車を抜かして右折しようとして、ものの見事に接触。というか電車の左前方にめりこんで右車輪が浮いた。目の前の飛鳥山交番からおまわりさんがすぐ飛んできて、軽を電車から剥がして路肩へ誘導。
幸い人間に怪我はなかったようだが、7015 号車の損傷が軽微だったことを祈る。電停目前で待たされた乗客の皆様おつかれさまでした。

と、そんな事故はさておき。

公園を通り抜けつつ、王子駅付近へ。

高架下はいつも人が途切れない。人々のシルエット越しに、電車もわりと途切れない。

歩道橋から見下ろせば、屋根上がとってもよく見える。やはり新車ほどコンパクトに整頓されている印象。

じゃ、またぼちぼち次のスポットへ移動しますか。

さすがに貸切が 1470 円じゃないのは判るが、ここの貸切ならわりと現実的かも。

Like
Share