2年目のハネムーン・本土編 (6) 社と水路

今年もインフルさん対策が2人とも完了。この先のおでかけ計画も着々と決まっております。寒いけどそれなりに楽しまなきゃ損やからね。では本日も長崎のお話。

この近くに「名所」があるらしい。せっかくなので、様子を伺いに行ってみる。

あー、これは納得。
何が納得って別に生徒さん軍団は関係ないよ。これがかの有名なオランダ坂。いわゆる「日本三大がっかり」。確かに観光名所らしい華やかさにはだいぶ欠けている。これに比べたら時計台のがっかり度など軽い、と旦那さんが言っていた意味を理解した。残る1がっかりもいずれ訪れたいものだ。

そんながっかり坂の上は、とても気持ちのいい青空。

さて、撮影に戻ろう。5系統でだいぶ戻って、諏訪神社前。

えーと、神社はすごく階段の上のようです。島を出ても階段によく当たるのはデフォか。

ここまで来たので頑張って登って参拝。石畳には、この日の前週に行われたくんちの跡と思われる轍が残っていた。その後、昔作られたモチーフの直球っぷりについて話に花が咲く。

階段を登ったのは、参拝以外にも目的があった。

鳥居抜き。やってみると結構ギリギリなフレーミング。

2本同時に来ちゃって、もうなにがなんだか。

陽も傾いてきた。そろそろ電停に戻って、乗りつぶしの続きを進めるとしよう。

いかにも神社な駅名標の横で、しばし待つ。しかしここ経由の電車が3タイプあるからか、お目当ての系統が全然来ない。結局3本めにようやく、目的の4系統登場。で。

最後に残った終点、正覚寺下。しかしこれがとんでもない構造だった。

停止位置が完全に川の上。なんじゃこら。よくこんなところに作ったものだ。終端4つのうち、ここが一番無茶してると言い切っていいと思う。

西日のオレンジに期待して、ちょっと歩いてみる。が。

他で時間を使ってしまったからか、なんとなくビルが染まった程度。一番いい時に来なかったり、来たと思ったら車やら歩行者やらが見事にかぶるのは仕様です。多分。

Like
Share