異邦人、香港に願う (19) 行人多々

一気に寒くなったなー。買い物しようと街までちゃり乗るにも、厚めの手袋に耳当て(風は遮るが音は通すので安全)がないと、風が冷たくてとてもとても。もうすぐしたらダウンコートの出番来るわ。つーか今日の時点で着てる人いたし。わかる。
さて香港3日め、後半もさらに電車づくし。

電車通りまで戻ってきた。午後はトラム撮影にたっぷり時間を使おう。

まず乗る。もちろん2階最前。ライブと一緒で何度味わってもおいしいのが最前。

中環のブランドショップ街、今日は平和。よく観ると横断歩道の黄色部分にデモ隊の残した跡があるけど、ここは少ない方。

すぐ前を走っていた車両の行先が、なぜか途中でどんどん変わる。

最初は銅鑼湾だったのに、しばらく行ったら北角に、そのうち筲箕湾に。金鐘にさしかかるまでの間のことだから、バスのように通過地点に合わせて切り替えたわけでもなく。つーか普段は始発電停の時点で最終目的地を出しとるし。ダイヤ乱れなのか、運ちゃんのうっかりなのかは不明。

一方、対向で来る車両の中にはまだ珍しいものも。冷房試験、順調なんですかね。ミレニアムでいっぺんこけてるけど(地上からの電源供給が足りない面もあったとか)、うまくいけば冷房大好き香港民にとってはサービス向上になるね。前面窓開けてクリアに撮りたいカメラ勢にとっては悩むところ。

湾仔も今日は平和。

両陣営からいろんなものが飛び交っていた土曜のデモ映像の背景には、質屋のはす向かいにあるグラウンドも写っていた。

地元局のニュースで観た殺伐とした光景が嘘のように、眼下には普段通りの雑踏。とりわけ駅前では、横断歩道から路地にかけてとても多くの人が行き交う。

大きな木のある五差路も賑わっている。過去の訪問時に腰を据えて撮影したエリアが「いつもの表情」なのを実地で確認できると、結構な安心感があるなぁ。

さらに銅鑼湾方面へと進む。

あちらもこちらも、電車の運行間隔は平常通りのようだ。

昨日赤柱へと向かった高速の高架下、このあたりもまたビジネスマンらしき人の姿が多数。

そごう周辺は相変わらずの派手さ。電車もバスも、壁の広告も。そしてここでもたくさんの人が信号待ち。
デモ続きで地元の人も外出を控えがちだという話は聴こえていたけど、このころまでは平日になるとそれなりに人出が戻っていたようにも感じられる。我々が帰った直後くらいから徐々に平日も穏やかではなくなり、昼休みの中環などいろいろあったというから、当家はまだ運がよかった方なのだろう。

5年前と違って路線封鎖はされていないけれど、百徳新街付近の路面は黒いスプレー文字であふれていた。

Like
Share