Discover West 2009 (2) 夏空の下の小さな主役

岡山到着が12時。新幹線ホームに上がったのが13時半。この空白の1時間半が何だったのかについて。せっかくの遠出、隙あらば他のイベントも挟みたくなるのが人情というもので。

いつのことだか忘れてしまったが、以前さんすて(岡山と福山の駅ビルは同系列らしい)で冷やし中華か何かを食べた記憶がある。今回の昼食はその隣の店。

岡山で讃岐うどん。四国への玄関口であることを思えば納得。そもそもこの店自体が JR 四国グループと気づくのは、店を出た後。
温玉と明太子がアクセントの冷やしうどん。若干細めの麺もしっかりしていて、美味い。いつか本場の讃岐巡りをしなければと、改めて思う。

ぷはー、満腹。ではちょっと遊びに行こう。

駅ビルの外に出たの初めてかも。晴天には噴水が似合う。

ガラス張りの窓も青く染まる。

撮りやすそうな場所を見つけ、そこで待つ事しばし。

っていきなりたま電車きたー! ダイヤ調べずに、というかその場の思いつきで観に来ただけなのに、なんという幸運。
後ろのオレンジにも顔がついてんな。何かと思って調べたら、地元局のキャラだった。しかもネコ系。見事なネコ繋がりの一瞬であった。

そんな岡電。路面電車めぐりも、いつかやりたいことのひとつ。ちっちゃい頃に廃止されちゃった西鉄の分を、取り返そうという意識もあると思う。
岡山駅前の電停は島式ホームになっているらしく、順光で綺麗に撮れるこちら側と、ホームを挟んで向こう側に、互い違いに電車が入る。今度こっちに来るのは何かな。お、来た来た。ヘッドマーク状のものをよく観ようと、歩道を渡って正面に立つ。

か、かわいい…。なんかちょっとシャキーンの AA ちっくでもあるが、桃太郎ならそれでもいいような気がする。

しかし暑いな。さすが晴れの国。耐えかねて一旦日陰へ避難すると、また白い電車が現れた。

おや? 何か気になるぞ。近寄ってみよう。

ふうりん電車というものだった。窓には万華鏡を模したと思われるシール。よーく観ると、車内に風鈴が下がっている。納涼っぽくていいな。

28A 到着が迫ってきたこともあり、30分少々でプチ撮りは終了。

とにかく実にいい天気だった。今年は梅雨がやたら長かっただけに、ようやく季節にふさわしい空に出会えた気がする。しかし今思えば、ここまでで晴天運を使い切ってしまったのかもしれん。ま、それはそれとして。

Like
Share