ちゃやまち温故知新

ふと思いついて青いとこを探索してみたら、高校の同級生や先輩が出るわ出るわ。人との縁は大事にしてるけど、学校関係に対してだけはそっと潜伏を続けるのであった。でも皆様元気そうでなにより。
えーと、本日は5月中旬にちょろっと仕入れてきたネタを。

曇り空の土曜日。翌日に遠征が控えていたこともあり(それについてはまた後日)、ゆるいおでかけにとどめておくことにした。そこでふと思い出したのが、この日のちょい前に旦那さんが観てきたという展示物。わたしも観たいので、改めて行ってみよー。

茶屋町には MBS の本社がある。MBS ねぇ。就活で千里丘のセンター(閉鎖済)行って、四字熟語の穴埋めという名のアドリブ力テストみたいな試験あったなぁ、とか軽くしみじみするのはさておき。
ちょうどこの週末、茶屋町全域でイベントが開かれていた。局キャラと番組キャラが目立つところでお出迎えしてくれたのも、それに合わせたディスプレイだろうか。

そんな本社の1階ロビーで、こんなものが展示されていた。

わー。こりゃまた見事な出来映えで。
観ての通り、D51 1162 号機。すんごいリアルな 1/1 模型。しかもオール段ボール製。

段ボールであることをわざとわかりやすくするためか、単にたまたまなのか、ところどころ元の箱の印刷がそのまま出ているのがまた心憎い。でも本当に細かいよね作りが。板バネとか配管もきっちり。

運転台のバルブまで丁寧に配置してあって舌を巻くばかり。

さすがに乗ることはできないだろうけど、塗装したらずっと飾っておけそうなクオリティ。

で。D51 は平日のうちから飾ってあったらしいが、土日のイベント合わせでもう1車両できたというので、別会場に移動。

…「茶屋町停留所」?

寡聞にしてまったく知らなかったのだが、戦前のごく一時期しか存在しなかったらしいから知る由もない。かつてこの界隈に走っていた、阪急北野線という路面電車。の車両を再現したものだった。

なお、展示場所はアプローズタワー。ってここのことかい! いや、過去の関西民時代は梅田駅より南ばかり行っていたからか、茶屋町にはまるで疎くてですね。建物名だけは知ってたが、ホテル阪急インターナショナルもシアタードラマシティもここだったのか、っていうスーパー今更な話。
ともかく、2階に渡り廊下があったので上がってみた。

現役の阪急と競演するところが観れたので満足です。
今回こっちに越してきて、今まで縁のなかった茶屋町を歩く機会がようやくできてきた。改めて観てみると使いやすそうな店がいろいろ見えてきたので、今後はお世話になることも多くなるかもね。

Like
Share