OtiS IV

駅探の特集も驚いたが、とうとう JR 西が自前で W 終了に向けたスペシャルサイトを立ち上げてしまった昨今、皆様如何お過ごしでしょうか。
我々に残された時間はきっちり2ヶ月。年末年始が過ぎると、臨時担当スジはがくっと減り、平日しか残らない。ということは、臨時追っかけ会を開催できるのは今週が最後だろう。毎日出撃とは行かないが、ちょっとずつ拾っていくつもり。まずは27日の報告。

前日のプリンタトラブルで年賀状作りが深夜まで押したこともあり、朝いちから動くのは断念。過去に上手くいかなかったものを、やり直すことにした。
やってきたのは大津市内。10月は雨雲のせいでえらい苦労した。数本撮って縦か横か少々悩んだが、積雪しない冬山は絵的に微妙なので、ばっさり風景を切る。どうせ周囲もごちゃごちゃしてるし。

遅まきながらこの日の1本め、7158A。やっぱりこの方がいいや。

下りが来るまでの空き時間で石山寺に寄ってみた。が、ええかげん「名所旧跡めぐりを1時間かそこらでやるのは無理」ってことを学習すべきだな。オフシーズンで観れないものもあったので、これはそのうち改めて。
歩いているうちに晴れてきた。さて、さっきの場所に戻ってみよう。晴れたらどういう状況になるのか。
…途中で気づいた。半分掘割状だから影になるに決まっとるやん。

解決策がはっきりしないまま 29A。結局、ここは晴れても曇っても下りには条件が厳しいということのようだ。それより、上りも含めてズーム寄せ切れてない方が問題。鼻切れを恐れてチキンな構図になっているようではいけませんね。

で、滋賀帰りに東福寺に寄る癖があるのはもう見抜かれているのだろうか。行ってみたら誰もいなくて、直前になったら来るかと思ったら結局ずっと来なかった。なんでかなーと思ったけど、こういうことかもしれん。

どうやっても 7179A の頃まで光量が保たんのやね。先月より5分日没が遅くなったからいけるかと思ったけど、こないだよりは若干色が出たかな程度。

結局今回も、練習だけはいい感じになる法則がきっちり発動して終わったのであった。

Do you like this?

同じカテゴリの記事