緑の中のチラリズム

遥か東、バースデーくまの元には大量の絵本が届いたことだろう。基本は母のセレクトだが、しれっと電車ものを紛れ込ませる小細工は忘れなかったぜ。
さて、今日は近場でも行ったことのない場所へ。

神戸の地図持って出発。でもそもそも出る時刻が遅いんだよな。以前新神戸まで45分かかってることを踏まえても、どう観ても間に合わない。しゃーないな、ここは寄り道で解決だ。
というわけで新神戸。駅前駐車場がどうにか空いて助かった。

山の合間に駅ってのは熱海と似てるが、このホーム真裏まで茂る木々の迫りっぷりはもうちょっとクローズアップされてもいい気がする。

間に合うか否かって基準は、午後なら当然 29A にあるわけで。トンネルの出口でお出迎えしてみたら W1 だった。

同時刻発車(N が一歩先)の長いものどうし並べてみる。
などとやってられるのは本当にごく一瞬。あっという間に2本とも去っていく。

新神戸駅前駐車場の最大のいいところ、それは30分以内に出れば無料ということだ。今回はうまいことその枠に収まった。
さて、本来の目的地に行くか。でも500は行っちゃったから「下見」に変更ね。
そのまま、あらかじめ調べておいた大倉山駐車場に移動。そこから地下鉄で見知らぬ街へ。駅名だけは知っているけど、通過すら初めての地点をどんどん過ぎて10数分。

神戸総合運動公園。つい最近、とっても有名なあの2人組がライブをやった競技場もここにある。他にもスタジアムやら色々あったりするんで、群衆さばきはデフォルトなのだろう、きっぷ売り場前の整列ポールが幾重にも並んでいた。

ここには隠れた名所がある。といっても公園で配布している地図に思いっきり描かれているので、正直全然隠れてないんだが。お、早速いらした。

ね。ちょうど公園のど真ん中に、トンネルの出口と入口。その切れ目が、地下鉄の高架の下にちょろっとだけ顔を出しているところがここだ。
よーく耳を澄ますと接近音が聴こえなくもないが、それでも時刻表持ってないと不意打ちすぎて難しい。これも後追いやし。しばらく粘ったけど、足元が綺麗に見える下りで先頭を捕まえるのは難しかった。


せっかくなので地下鉄(あ、これは北神急行の車両)も軽く押さえてから、いい場所を探す。南へ回ってみたが、緑が多すぎて見通しが利かず断念。ふと思い当たったのは、地下鉄の真東にあった駐車場。1フロアずつ降りていくと、そこそこ見えるところがあった。設備が避けきれないところは目をつぶって、また耳を澄ます。

うお。なんかしらんけど100の先頭撮れた。
でももう17時過ぎ。だいぶ暗いね。この後2本くらい撮ってみたけどいまいち。かといって晴天だと逆光なんで、ベストな時間が読みづらいな。曇りの方がいいと思うけど。


また地下鉄経由で、車に戻って家路を急ぐ。雲を染める夕焼けが消える頃には、道路が赤く染まっていた。要するに帰宅渋滞に巻かれてしまったわけで。10分くらい余計にかかった。

Like
Share