本気の夏を迎える (2) 駅の特異点

明日から9月。という文字列だけ観るといかにも「もうすぐ秋やねぇ」と言えそうに思えるが、まだ全然暑いんすよねぇ。局地的な夕立もちょいちょいあるし。夏の始まりが遅かっただけに、彼岸ギリギリまでひっぱられる可能性もあるんかな。
なわけで月初の近場めぐり後半戦。

梅田まで引き上げてきて、阪急構内。なにかいないかとホームを見渡すと、いた。

8000F さん。て、そういえばずいぶん前からいる気がするんだけど、いつまで?
そもそも 8000 系デビュー30周年と呼べる年は昨年で終わっている。のだが、どうやら「たいへんご好評につき」各線とも全検までもたせることになっていたらしい。結果、この編成はなんとあと5年近く復刻バージョンを維持。どんだけ好評なんすか。

休日の上限・7本並びも押さえておく。宝塚線が1本空くのはさておき、京都線の運用がカツカツすぎて極限までインターバル削って回してるから、どんなに運行本数多くても3本揃わないんだよなぁ。

そんなホームでは、この時期ひとつ「目立つこと」が起きていた。

ってここからだとそんなに目立たんな。改札側から観よう。

広告がないときはまったくなく、あるときは1社提供によって埋め尽くされる、毎度おなじみ構内ジャック。7月下旬から8月上旬にかけて登場したのは、かの有名なスマホゲーム「Fate/Grand Order」の記念広告だった。なんでも今年で5周年らしい。へぇ。

有名観光地っぽい写真にキャラが配置されたポスター。どうやら47都道府県すべての名所を使っているようで、同一ホーム上に同じ柄は1枚もなし。終端改札にもっとも近い地点では、各線の行き先を意識して京阪神3府県(と東京)の柄を並べてあった。

広告は頭上のみならず、改札とホームの間にある円柱にも。

なんせガチャゲー全般が大の苦手ゆえ、本作も一度もやったことないんで「実写に違和感なくイラストなじませる手法、勉強になるわー」以外の感想が出しにくい。実際やってたらもっと的確に述べられるのだろうか。

そんな中、大阪柄のロケーションは新世界。いや他にもっとあったやろと笑う一方、全国レベルでの知名度としては異論なし。手前の人が食べているのは 551 の豚まんですかね。
改札内以外では百貨店への通路にもバーンとでっかく貼ってあったんだけど、場所が場所だけに撮影しにくかったんで、歩く歩道(関西風表現)で流れながらの鑑賞にとどめておいた。推しキャラの前で熱心に撮る人の姿もちらほら。

ただでさえガツンと来る暑さに加えて、構造的に熱気がこもるのが、当駅の苦しいところ。そろそろ涼しい電車に乗って帰るとしよう。

あ、8004F さんもあと4年はお飾りつきだそうで。

Like
Share

Add your comment