Report – TM NETWORK SF Rock Station 2020 @ 東海ラジオ / 2020.12.18

年の瀬に突如発表された特番放送決定。それを受けて旦那さんが「名古屋行くか」とボケをかましてくれたのは、一昔前ならカーラジオの電波感度のよさから一理あったところだが、いまやネットでポチれば全国どこでも高音質で聴けるありがたみ。このために radiko 課金した人も少なからずいるのではなかろうか。てことで、タイムフリーもそろそろ終わるところで聴取記録めも。


(※上画像は局公式の告知ページから引用)

もくじ

めっちゃ物持ちのいい東海ラジオさん

最初に驚いたのが、当時のジングルと思われる音源が使用されたこと。先生をはじめとしてみんな明らかに若い声、そして80年代のデモ音源を想起させる風合いの音質(デモ曲の数々がどこからともなく出回ってたのはなんだったのか)。よく残ってたなぁ。
そもそも今回の特番は、同局の東京スタジオ閉鎖に伴う惜別企画でもあった模様。いろんなミュージシャンが日替わりで担当した中、1回限りの復活にあたって TM にお声がかかったのはありがたいことやな。

少しずつエンジンがかかる先生、意外にも仕切るウツ

序盤でいつもより低めの声でしゃべっててこれまた驚いたんだが、気がつくといつもの高さに戻ってた。馴染みの面子とぐだぐだ話を続けるうちに緊張がほぐれたんかな。そして全体の流れは普段からトーク得意な木根さんがまとめるのかと思いきや、だいたい要所でまとめてるのがウツ。それもちょっと驚いた。
しかし「合歓の郷で B’z にサインもらっときゃよかった一緒に写真撮っときゃよかった」て、皆様も求められるほうですからー!

次々と出てくる当時のリスナー諸氏

気象や地形など諸条件さえ揃えば遠距離受信も可能なのが AM ラジオの特徴。かつて北海道でがんばっていた方のおたより(メール)も読まれていた。が、それ以上に東海各県で聴いていた人たちのおたよりがたくさん。西日本の人が少なかったのは、電波的に受信が厳しかったんじゃないかと。

ある意味で絶妙な選曲

Self Control/Get Wild/Human System/Seven Days War/Alive/Dreams Of Christmas/I am の7曲。
全曲 TM なのは特番だし当然としても、いろんな方面に配慮の効いた曲目と感じた。一部を除いてざっくり年代順の並び。番組リアタイできた世代に当時を思い出させる前半と、30周年の盛り上がりを思い出させる(or 参加してなかった組に近作を知らせる)後半。ついでに季節ネタ。
さすがに曲本体はかからんかったけど、ハンバーグ&カニクリームコロッケの話もやっぱり出てた。

今後に託すほんのりとした期待

過去何度となく「◯周年」のタイミングでライブを重ねてきたものの、もはや「何周年とか言ってる年齢じゃない」ことを指摘するウツ。うん、お三方だけじゃなくてこっちも。「やれたらやろうよ」そうだそうだ。やろう。先生もスピンオフの楽日こっそり観てるだけじゃなくて是非。まあもちろん「元気でいることが一番」ではあるのですが。

21世紀ならではの楽しみ方

まず radiko のエリアフリーで日本中から聴けたこと。そうでなくてもニコ生で再配信(おまけつき)。放送当日、生放送でこそなかったものの、ついったーでは実況が盛り上がり、一時はトレンド入りも果たす。80年代には存在すらしなかった手段ばかり。先生が少しずつ音楽の世界に帰ってきている今、3人揃って初めて成り立つ世界を期待するみんなが、ああやってオンラインで集えたことは覚えておきたいものだ。

Like
Share