Report – TM NETWORK REMASTER @ パシフィコ横浜 / 2007.11.03

じゃ、こっちも今書くか。さすがにこれ上げたら寝ないとまじやばい。宿でもらった足ひんやりシート貼ったり指に何かはめたりしてるけど、絶対後で何か来る。ひー。

先に結論から行くと、他公演観れないかもと思って観にきたのはとりあえず正解。なんも期待してなかった分だけ、かえって楽しかったかも。
以下、みくしに流したセトリにメモ追加ということで。要は大文字小文字を直す気力が残っていないという話。いやはや。

ちなみに花はガイナックス、マーク、R&C。以上。意外と少ないね。言っちゃ何だが大ちゃんとこが超多く見える。

01. still love her
おぉ、先生がちゃんとキーボードを弾いている! DD でのあまりの弾かなさっぷりにしょんぼりだったので、この点で原点回帰はありがたいね。でも髪色がプリン。あと最後の最後で壮絶に音ずれしたのはたまげた。

02. here, there & everywhere
天井の照明効果が綺麗でいいね。しかし、これってあんなに手振る曲だったかしらん。酉の余韻か!

MC.
開演前にお友達の皆様から「ドラムがアレだ」とは聴いていたが、こんなところで納得。トークの合間にいちいち叩くのはやめた方がいいと思う。

03. we love the earth
う、なんか葛 G 含めた分厚いコーラスが恋しいぜ。うぉううぉううぉーって。そして2番の入りがぐだぐだ。誰が間違ったんだかわからんくらいカオス。

04. human system
えーと、この曲だけじゃないけどイントロ前のクリック音がまる聴こえなのが気になる…。でも久々に観た先生のグランドピアノはなかなかよかった、かな? メロトロンもぼちぼち顔出してきたし。あーしかしいろいろ崩れてきたぞおい。

05. seven days war
ピアノいい感じだった。最後を除いて。

MC.
キャリア長い人が副業やる傾向、ってネタで木根さんが「ウツは飲み屋とか」…うつ・のみや…狙ったのかと思ったら後で自分が驚いてやんの。素かよ! 爆笑。
そのウツは自称ハーフ。100の半分でハーフ。しかし一般的に通じないことは自覚しているわけで。
あとねー一番びびったのは先生の声の低さ! 大丈夫すか先生。さすが日曜に倒れただけのことはある…じゃなくてその、ねぇ。

06. n43
ハモンドの出番。いい感じ。と思ったら2番サビ歌詞飛んだー。もはやお約束。でもわたしとしては全般的に高評価。アウトロ素敵。

07. telephone line
星空投影いいねー。照明を俯瞰できるって意味では2階もおもしろい。
しかし音はあれだ、サポメンのがでかすぎるんだ。バランス悪いのか。そう聴こえるのって上階だけとかだったりすんのかな。

MC.
あーもーいろんなことが起きますねー。紅白もびっくりだ。つーか先生が壊れ過ぎ。むしろぶっちゃけ過ぎ。「相当数間違えてますので」「隠せないっすね」「ウツが言ってくれてよかった」うは。そしてウツ笑い過ぎ。大丈夫かこの人たち。あーおかしー。
ま、相殺ってことで。ぷ。

08. beyond the time
この曲の A メロで初めてドラムをいいと思った。うにょうにょした投影は「メビウスの輪」のイメージだろうか。

09. wild heaven
うぅ、N の曲はどうしてもべーやんが欲しくなる…。なんかその、今日はやりすぎ感みたいなものがあるのよ。

10. be together
ウツのりのり。スタンド飛ばしにマイク投げ。ぶっちゃけ客席も一番盛り上がり。

11. tk solo
CAROL→D→なんかクラシック(曲名忘れたけど MEMORIES ではない)→次曲イントロ。主要鍵盤すべて大活躍。さすが楽器フェア。

12. time to count down
間奏でギターが2人並んだとき「ネックの上下運動」を超期待したのだが、なかったのが残念。

13. self control
いかん、つい癖が。A メロ4拍めで右上へ振りたくなる人、それは酉現象だよ。大ちゃんオリジナルの振りだよ。本家じゃやってなかったよ。でも周囲にはやってる人いっぱいいたけどねーん。わたしもついこっそり目立たぬようにやってしまいたくなる。

14. dr Solo
ギターはないのにドラムはあるんだーって思った。締めのドラは受けた。

15. welcome back 2
発見。ライブだと全然いいじゃん! あれか、歌詞聞き流しちゃえるからか。それさえちゃんとすれば TV で流れても恥ずかしくないと思うんだけどなぁ。多分。
この後アンコール。しかしわたしは次の移動のことが最初から念頭にあったので、この曲終了後に照明落ちた段階で2階を去らせてもらった。そのときふと窓の外を観たら、横浜湾岸夜景の大パノラマで軽く感動したよ。こんなんひとりで観てるのもアレやなぁと思ってすぐトイレ行ったけど。

16. get Wild
なわけで、1階のドア前で参加。結果としては、そこまでしなくても余裕で間に合ったのだが、まぁそれはそれ。

では本編以外のことを少々。

なんせ15時茅場町→16時みなとみらい着だったんで、フェア本体はなーんも観てない。が、展示ホールのロビーで肉まんとゼリー飲料買った後、お友達ご一行様と合流できた。中にはなんと7年半ぶり(!)のおふたりも。一瞬しか会えなかったけどおひさでした。
その後ライブ会場内へ移動、長蛇の列のトイレをなんとか済ませて席ついてみたら、なんか何列か離れた周辺にちらほらと知った顔が。この広い会場であの至近距離はすごいぞ。
でもって終演後は、はしご組のおふたりと一緒に大移動、と。

わたしにとってやっぱりライブはライブ本体だけでなくて、前後とか最中とかにお友達と喋ったりする時間も含めたものなんだなー、と再実感。その皆と知り合えたきっかけである TM のライブで、そういう交流ができるってのは、やっぱ喜ばしいことに変わりはない。
と、基本ポジティブ気分だったからかな。ライブもきっちり楽しめたのは。最初は軽く不安だったけど、来てよかった。チケ分けてくれたゆかりん筆頭に、会えた皆に感謝。
くしくもこの日は文化の日。いやー文化っていいね!! 明日会う人はまたよろしく! あ、それ TM じゃないや。あは。

Like
Share