Review – TRF : Lif-e-Motions (2) / 2006.02.15

えー、期待度 Max で臨んだ(そして期待以上だった)Disc 1 とうってかわって、「いいのがあればラッキー」ぐらいの軽い気持ちで Disc 2 です。これがうっかり大ちゃん参加だったりしたら超盛り上がりなんでしょうけど…あ、いや。
なんせオリジナルは散々聴き倒したものがほとんどなので、要求するハードルがどうしても高くなりがちです。さて、何が出てくるやら。

01. EZ DO DANCE -meets KEIKO-
英詞のほうですかい! なんか先生作品でよくある「シングル3曲めのリミックス」状態になってます。音数の少なさ的には 1st っぽいといえなくもないんですが、どっちかっつーと GABALL…あれ以来劇的なサウンド変化はないってことですかね、これは。

02. Silver and Gold dance -meets T.M.Revolution-
これが大ちゃ(以下略)。
色っぽさが完全に「男の荒っぽさ」に変換されて出てきたような感じです。それは狙ってやったのか、それとも?

03. survival dAnce 〜no no cry more〜 -meets BoA-
ふつーに BoA 作品になってますよ。音色選択とか音の入れ方とかの、アレンジの影響でしょうか。とはいえ、あの独特なサビの再解釈はやっぱり難しいですねぇ。苦労の跡が窺えます。

04. TRUTH ’94 -meets Tomiko Van-
ボサノバ(ですよね)で来ましたか。意外ですが結構合ってます。ウッドベースとかドラムの入れ方が渋いです。けだるい系のボーカルが、このアレンジにはちょうどいい感じ。

05. CRAZY GONNA CRAZY -meets AAA-
直球勝負というか、正統派のカバーというか、真正面から来ましたねー。ある意味勇気あります。しかし、ツインボーカルには向いてる曲なのかも。

06. masquerade -meets Youki Kudoh-
これはなかなかおもしろいですねー。硬質にまとめたアレンジに、クールめのボーカル。微妙にオリエンタル風味が入ってるのも良いかと思います。

07. Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜 -meets Goro Kishitani & Yasufumi Terawaki-
ほぼオリジナルで、軽くコミカル要素足した感じでしょうか。ま、おふたりとも歌が本業じゃない分の味付けといったところかもしれません。つーか、大半ゆーきが歌ってますし。

08. teens -meets AYUMI HAMASAKI-
ふつーにあゆ作品になってますよ。バラードだとクラシカルアレンジがお好きなようですが、これも例外なく。違和感ないですね。

09. BRAVE STORY -meets Every Little Thing-
地中海風の異国情緒を感じます。結構素敵かも。この人こんな歌い方だったかなぁ、と思いつつ、聴いてるうちに不思議と馴染んできたり。

10. JOY -meets Koda Kumi-
サビのストリングス強化と、それ以外の場面をシンプルにしたことで、元曲よりさらにメリハリつきましたね。カバーとしてはうまくまとまってると思います。

総評:
オリジナルを越えるのって難しいですねー。と、至極当然の感想。レビュー省略しますが、Disc 3 の DVD に入ってる原曲 PV(これ画質悪いんですけど、マスターがテープとか? 単に古いせい?)観ると余計そう思います。
なので、概ねの傾向としては、アレンジはがらっと変えた方がおもしろいことになっていいですね。わたし評価では、04、06、09あたりが楽しかったです。…01も悪くないんですけど、流石にこの路線はお腹いっぱいというか、TRF でやる必然性を感じないというか、その、ねぇ。

Like
Share