姫たちの雪国 (17) 異国情緒散歩道

昨日は軽く遠出したので更新飛んじゃった。が、そこまでしたのに成果がいまいちなのは仕様です。ふぅ。さてと、函館ではちょっと非鉄撮りタイムもあったのでそのまとめ。

時間があるので、ちょっとここらをぶらつくことにした。

海沿いには「北海道第一歩の地」という碑が。摩周丸も入れてみた、ってこの距離じゃわからんか。

昔立ち寄ったかどうかもまるで記憶がないので、いわゆる元町地区も散策。

基坂を登れば元町公園。洋館群が雪に包まれている。

元町というだけあって雰囲気的に横浜神戸と同じ匂いがするが、毎年銀世界になるのはここくらいだろう。

公園を抜けて、おみやげストリート(勝手に命名)をぶらり。

函館的に2月はオフシーズンなのか、開けてない店もちらほら。あ、この通り多分来たことあるわ。初夏はもうちっと人いたって記憶がふと出てきた。

八幡坂の頂上に着いた。さっき下から観て、上から撮ってる人がいるなーとは思ってたが、こういうことか。記念撮影する人多数。そりゃあねえ。八幡坂に摩周丸に五稜郭(本体じゃなくてタワーだけ)。いかにもな図。

辺りは洋館だらけで感覚が麻痺してくるレベル。

見事に函館山ビューな、ピンクの壁のこちらは幼稚園。

ハリストス正教会の正面側は撮影待ちの列ができるほどだったが、列といっても数人なので待てば撮れる。

こちらは教会と幼稚園がごっちゃになっていた。ミサ中なので外から眺めるだけ。そういや日曜やもんな。五島のときは教会が主目的に入ってたから、全力で日曜回避したけど。

そのまま坂を下り、十字街まで戻って、ちょっと早めの昼食。

非公開の個人宅だろうが店舗だろうが、本当にそこらじゅうこんなんばっかり。歩くだけでもなかなか興味深い元町エリアであった。

Like
Share