異邦人、香港に遊ぶ (23) 日式商品

あまり天気がよくなかったので、ちっちゃいカメラだけ持ってご近所散歩。あちらこちらでまだなんとか見頃な紅葉を求めて、公園やらなんやらをぶらぶら巡ってきた。多少は観ておかないとすぐ冬になっちゃいそうやし。
さて香港ですが、天候悪化に伴ってどんどんお話がゆるくなってきております。

一旦お宿に帰投。が、早々に旦那さんから提案が出る。さっき撮り損ねた系の列車がもう1本あるっぽいんで、なるべく近い駅で再挑戦するのはどうか、と。じゃ行きますか。

お宿から近い路線を選び、乗り継いで旺角東という駅へ。南端近くで今回の最大望遠装備を使ってなんとかこんな感じ。構図を吟味するまでもなく次が本番。だがしかーし。

はい被ったー。
あんまりネタをひっぱるのもアレなんで説明すると、これは香港と中国本土を結ぶ列車。さっき逃したのが多分広州行きで、これは多分上海行き。本土へ行かずして本土の車両が観られるとのことで、メインイベントのひとつに位置づけていたものだったんだが、まあこれですよ。東鐵線の高頻度運転が見事裏目に出たのであった。
なお、しつこく…あ、いや、懲りずに翌日さらに再履修を試みておりますんで、その話はまた後日。

せっかく外に出たので、雨にも負けず別のモノを見学して(それについては次回まとめて)最寄駅に戻ってきた。

お宿に一番近い駅は、実は尖沙咀ではなく尖東(東尖沙咀)。今回初めて利用した西鐵線という路線で、隣駅・紅磡で東鐵線に接続している。そういう意味では東鐵線撮影にもっとも便利なルート。

今世紀になって開業した比較的新しい駅なんだが、ただこういうのはどこから突っ込めばいいのか。

かわりにフォローと言っちゃなんだが、当駅は改札外のショップがとっても充実している。通路に沿っていろんなお店が入っていて、特にこの並びには大変お世話になった。おやつ系と両替屋。

ふぅ。こうして部屋に戻ると、机の上になにやら置いてある。

なんか前回も同じような紙を置かれたが、アレはデモ。今回はなんと台風。いやー、まさか10月中旬にもなって台風とは。
今回初めて知ったんだけど、香港では台風が来ると複数段階の警報が出る。警報は数字形式で、弱い方から順に1、3、8、9、10(番号がすっとんでるのは紆余曲折の背景があるらしいので省略)。で、現段階で3が発令されている。8以上になると交通機関が止まったり店が休んだりするし、そもそも危ないからあんまり出かけないでね、というお話。うーむ。まあ出発直前から台風接近がわかってたから全行程前倒しにしまくったんですけど。

明日の心配をしても仕方ないので、とりあえず今は駅ナカで買ったおやつをいただこう。あ、日本語書いてあるけど現地のチェーン店っす。前回から引き続きお世話になってる「日式(=日本風)洋菓子」の店、東海堂。

の、マンゴータルト。おいしゅうございました。味もさることながら、なによりフォークが付いてきたのが超親切。テイクアウトして宿で食べる人も多いんかね。

日式ついでに余談。まぎれもない日本企業の現地法人の広告をそこらじゅうで見かけた。

例えば大塚製薬。オロナインと、賢者の食卓(通販で観たことある)。

そして小林製薬。熱さまシートが売れる話は聴いたことあったけど、アンメルツとかもあるのか。他にもあれこれ見かけたけど、相変わらず日本大好きっすね香港のみなさん。しかも前回「の」の一つ覚えだったのが、今回は「簡単な料理」などといった言い回しも。「の」の次は「な」が流行るのか。

Like
Share