再生するEXPO (1) 回遊を促す

先週わりときっちり掃除したんで大掃除というほどでもないが、せっかくなのでフローリングのワックスがけを久々に。クイックルワイパー的なシートで簡単なわりに仕上がり綺麗なのが嬉しい。これで年越せるわ。
さて今回は2週間くらい前、わりと近い新名所に行ってきた話。TM とは関係ありません。

事の発端は、旦那さんの休日出勤。土曜の日中一杯はかかるという。そこで、ひまつぶしがてら、冬服セール狙いも兼ねて、最近できた場所に行ってみることにした。前日のクリスマスマーケット帰りに、梅田駅でこんなものを確保。

1月連休までの期間限定1日乗車券。いくら阪急乗り放題といっても、ぶっちゃけ現地まで往復するだけならギリギリ元とれないレベルなんだが、終了後に別地点で夕食とったりしたのでまあ結果オーライ。

そして当日昼頃。モノレールに乗り換えて、最寄りの万博記念公園で下車。

へー、コンコースこんなんやったんか。何年か前、まさか関西移住とは露程も思わなかった頃に乗破した際は、彩都への乗り換えにしか使わなかったので、このフロアの記憶がろくにない。

改札を出ると、あちらへ向かって延々とスロープが続く。

雲の隙間からピンポイントで太陽の塔を照らす陽射し。こわい。この先で高速を越える橋を渡れば公園中心部に行けるが、今日の目的はそこではなく。

なわけで、こちらが11月にオープンしたばかりの EXPOCITY。

かつてエキスポランドだった跡地である。いろいろあって廃墟だった頃の写真は撮りそびれたが、アレがこうなったと思うとなんか隔世の感。

T の字が太陽の塔なところがポイントか。このロゴ裏は撮影スポットとして立ち位置が表記されていた。

でだ。まず乗車券のおまけの「お買い物券」をゲットしたいのだが、引換場所はどこだ。

意外とちっちゃいガンダムたちの周囲を巡ったり、いろいろルートを探す。
結果としては、左右にあるメインストリートのどちらかで階段等を上がり、一番奥のららぽーとまで進むのが正解。ただ、ロゴやガンダムがあるこのフロアと、ららぽの「1階」の高さが1フロア以上異なっていることは、もうちょっとわかりやすく書いといてほしい。

さまよっている最中、へんな看板が目に入った。

建設中の観覧車、てそれ要するに工事現場ですよね。工事してるとこが見えるだけのポジションを「スポット」と言い切るその発想、アレだ。箱根で塗り替え中の鉄橋を「数年に一度のレア光景」と言い張るのと一緒。

でもつられて観に行く。確かに絶賛工事中。いずれそのへんが乗り場になるのであろう。ちょうどいいところを、今いるココを PR するラッピングモノレールが淡々と通り過ぎていった。

なんとかお買い物券を手に入れ、ようやくショッピングタイムに突入。クリスマスセールで各店そこそこ安いラインナップの中、あれやこれや物色して回る。

この吹き抜けの雰囲気とか、まあ首都圏でもだいぶおなじみのららぽーとそのものやね。って甲子園にもあったか。

Like
Share