当世お伊勢参り事情・速報版

関西実家行きが都合により延期となったため、今回の連休は当初予定を変更して別の旅になりましたとさ。内容が盛りだくさんすぎて腰を痛める羽目になったが、まあそれはそれ。まず食べ物のまとめを先にやっとくわ。

最大の目的は神宮さん詣で。やっぱ外宮から先に行くのが順当だよなということで、伊勢市駅から現地入り。てくてく歩いていくと、おやおや美味しそうな名前の看板があるじゃありませんか。

赤福氷。5月で晴天ともなれば氷もそろそろ美味しい季節。なに、赤福が見当たらないって? ぶっちゃけ最初はわたしもそう思ったよ。

掘ると出てきます。これだけ冷やされてても硬くならないお餅は特殊製法かね。
冷たいもの耐性が弱め(熱いものも弱め)の旦那さんはキーンと来ていたようだが、なんだかんだでほぼ完食。

で、勿論内宮にも向かう。しかしおなかがすいてきたため、おまいりの前に「おはらい町」へ。

三重県といえば松坂牛。まともにいただくと大変お高いので、串とコロッケでよしとする庶民。

おかげ横丁に入り、行列している伊勢うどん屋で昼食。旦那さんはノーマル、わたしはめかぶ。伊勢うどんは麺がふわふわふにふに(他地域基準で言うと「伸びている」に近い)なことで有名だが、やや甘めのたれをよく絡めて食べると大変おいしゅうございました。

無事に参拝を済ませ、宇治山田から宿泊地・名古屋へ引き返す。

途中おやつをもぐもぐするなどしつつ、快適な移動時間。

今回、現地での滞在時間を最大限に伸ばす目的で、名古屋で夕食を2回とるスケジュールとした。そこで1泊目。

新幹線下りで停車直前によく見える飲食店街(?)で、なんとなく入った「かぶらや」さん。

いくつか頼んだが、メインは鶏ちゃん焼きという名物。ざっくり言うとモツ多めの鶏版みそ味ジンギスカン。うまかった。ただものすごく炭水化物が欲しくなる味なので、もし次があったら追加でうどん頼みたい。

翌朝はお宿付属のモリバのセット、昼食は沿線活動で野外おにぎりだったので写真省略。こってり1日の行程を終え、わりとギリギリで戻ってきた名駅で、乗車前に夕飯。

なんかもう「名古屋のきしめん=駅のアレ」になりつつある当家であった。新幹線併設駅の飲食店は提供が超速くて助かるわー。

Like
Share