異邦人、香港に願う (24) 機場早餐

2日に1度の買い物、今日は駅前スーパーへ。ただ最近、少し前に変わった店内 BGM の曲がうざい。歌詞が文章になってない(ほぼ擬音語の繰り返しのみ)せいか、微妙にイラっとくる。かといって苦情入れるような話でもないし。しばらくの辛抱か。
なわけでいろいろあった香港も最終日に突入。いうても帰るだけですが。

翌朝。昨日買ったパンと備え付けのインスタントコーヒーで、手早く朝食を済ませ、7時にチェックアウト。

設営中だった近隣のブランドショップも、クリスマスモードに変わり始めた。屋外の日中はまだまだ初夏のような暑さだけどね。

デモの影響で、全線が23時で終電とされたり、エア快の途中停車駅が夜間すっとばされたりしていた MTR さん。今日は朝から平常運転。よかった。

いずれにせよ、尖沙咀から空港へはいっぺん島へ渡って香港駅利用が楽で確実。

荃湾線で中環に着いたら、港島線との接続フロアを抜けていく。とてつもなく広いコンコースは、電車到着とともにびっしり人で埋まる。複数路線が停まる駅はどこも乗り換えの利便性を重視して造られたことを、実際に使うと実感する。

香港駅へ続くルートはずっと改札内。あちらへ向かう分にはゆるやかな下り勾配、動く歩道に乗らなくてもスムーズに進めるけど道のりは結構長い。通勤ラッシュが本格化する頃には、この通路も埋め尽くされることだろう。

8時過ぎに空港へ着くであろうエア快に乗れた。

ひとえに飛行機の時刻が早いからという理由であったものの、さっさと移動したのは結果的に大正解だったことをあとで知る。平日にもかかわらず、この日は明るいうちから市街地で一悶着あったらしい。
「平日は普通の生活、週末はデモ」と明確な境界線が引かれていたのは、まさに我々が滞在していた週末が最後だった。このあと2週間ばかり、曜日を問わずあちこちで様々な衝突が発生し、日本人が巻き込まれる事態も複数回起きる。先日(11/24)の区議会選挙を経て状況は少し変わりつつあるようだけど、結末が不透明なままであることには変わりなく。

まあともかく空港に到着。入口で当日有効な搭乗券を確認するから(デモ隊を通さないための対策)普段より早く来い、というアナウンスが出されていたが、本当に券を見せるだけなので幸いすぐに通過。出国手続きもさっさとやって、ターミナル内へ。

7階。って前こんなんやったかな。めっちゃ綺麗やし、近年工事してたとこかも。

5階(到着フロア)や6階(搭乗ゲートがあるフロア)はよく使うからだいたいわかるけど。6階はどうせ乗るときに歩くので、ちょっと7階をぶらぶらしてみる。

まださらに工事したい理由があるようだ。ハブ空港としての気合の入れようは相当なものがあるし、そのうちまた新しいモノができるのだろう。

7階の中央部は、早い話がフードコート。アジアっぽいラインナップの店が並ぶ中、ふとメニューに目が止まったお店。

なに、朝食四天王とな。10時台までは朝メニューで営業しているようだ。パンの消化はとっくに済んでるし、1品をシェアするくらいなら機内食にも支障せずちょうどいいかも。よし、寄ってこ。

てことで、急遽ブランチ枠として「莆田」さん。おやきと肉まんの間をとったような饅頭「煎包」をいただく。スープに1ドリンクつきで$58。うまい。

Like
Share