ひとつの世界に向けて

なに、梅雨明けとな。ってちょっと待て。つい最近ここの枕で梅雨入りって書いた記憶があるんだが。短そうな感じはあったけど、いくらなんでも短すぎないか。ともかく瞬く間に夏本番、関西的には電気もさることながら水の在庫が心配である。
さて今回は5月後半、ちょっと久々のひこうき。

そこまで空に適した天候ではなかったものの、あえて出かけた理由は、ニューカメラの慣らし運転ともうひとつ。

A350 のアライアンス柄、まだ撮ってなかったんで。朝ラッシュ風(日曜だけど)のトラフィックに混じって、出発を観に。

JA15XJ ということは、同型機もすでに15本め。だいぶ増えたね。長い機体の半分弱を使って、でかでかと oneworld の文字。

この時間てことは、たぶん那覇便。朝なんでちょっと逆光気味なのはご愛嬌。

入りたての機材やし、またそのうち来るやろ。今日のところはこのへんで。

て、これだけで帰るのもなんなんで、ついでにもうしばらく延長戦。

目的がなかったら来るような天気じゃないってのはこういう意味ですわ。

あと地味に風がやりにくそう。大型小型問わず着地が傾き気味やし、ボンちゃんが手前に降りてるのも目安のひとつ。

日曜やし家事もいろいろ待っており、滞在は小一時間で切り上げたんだが、終盤におもろいもんが観れた。

マスゲームかな? というくらい一斉に出てきた中型機出発ラッシュ。

もちろん望遠圧縮効果あってのもんやとしても、午後だとそんないっぺんに動かんからこうはならん。やっぱ電車と一緒で、朝夕の離発着が多いもんなのね。

これも意外と久々だったんでは、ちびスタアラを見送ったところで撤収となった。

ところで、この日もうひとつ気になるモノを見かけたんすよ。

突然の「空港敷地内阪急バス」。そのまま南下、つきあたりで折り返して再び通過していった。
正面になんか貼ってんな。なになに、「J-AIR 航空教室 in 伊丹空港&大阪モノレール車両基地見学ツアー」。なんすかそのめちゃめちゃ楽しそうかつお得感満載の催事。3回開催されたうちの初日だったようで、帰宅後に残り1日へ応募するもあえなく玉砕。またやらんかなぁ。

Like
Share