空はサマータイム (1) 猛暑に眺む

秋旅に向けて買いたいものなどあったので、梅田をうろうろ。ヨドやらグラフロやらルクアやら回った結果、昼前から夕方前くらいの間、ほどほどに冷房の効いた場所で過ごせた。いわゆるクールシェアですな。
さてここからは先月最終週、土日にご近所を少々回ったお話。

午前。気が向いたので、久々に車で山登り。いつもの展望スポットでは、今月下旬の祭りに向けて下準備(トラックや重機が入るようなちょっとした工事)が進められていた。立ち入ったら邪魔そうだったので、すぐ上で一般的な展望台として作られているところに陣を張る。

いやはやいいお天気で。手近に雲がないので、せめてターン中の方角に見える雲で夏を演出。
まあそんなことしなくても、立ってる場所がバリバリ日なたで超暑いんすけどね。日傘持ってきてよかった。体力温存のために三脚も持ってきたのだが、旦那さん用のプレートを忘れるという悲劇も。プレートは三脚と一緒に保管しましょう。

そんな五月山。一般的な望遠撮影の常識として、夏は陽炎が立ってろくな絵にならない、とばかり思っていた。ところが。

意外や意外、ハルカスの最上層・展望台部分の構造がはっきり見える。よくよく観ると、まさかここからでは見えるまいと思っていた PL の塔まで。薄いながらも背後には高野山方面のシルエット。へぇ。確かに、買い物とかで車で高台を走ってて「今日はよく見えるなー」と思うことが最近ちょくちょくある。先入観を離れてみることも大事やね。

よく見えるのは嬉しいが、それより暑くてしかたない。長居は禁物のようだ。なにか大物飛んでくれないかなーと思ったら、787 がタキシングを始めた。が、滑走路の手前でぴたり停止。

着陸機がまず1機。ひこーきより光り輝く大阪ドームが目立つのは仕様です。

続けてもう1機。600mm 相当くらいまでざっくり切ってこんな感じ。トップライトすぎて街には陽が当たらないが、そのかわり機体は結構目立つ。

ようやく離陸の順番。あついよー。これ撮ったら帰ろう。

舞洲のアレははっきりと、泉州方面の街並も何となく見える。これだけいろいろ判別できると、俯瞰の甲斐もあるってもんで。

伊丹のマンション群を眼下に望む頃には脚もしまわれ、軽やかに上昇。それを見届けて持参の麦茶でとりあえず喉を潤し、一旦自宅へと引き揚げた。ふぅ。30分くらいしかいなかったのに体力削られたわー。夕方まで休息をとるとしよう。

Like
Share