今日は一日ご近所三昧 (4) 屋上の部・2

今の駐車場が、人生初(自分で運転するようになってから)の立体タイプ。最上段じゃないんで柱の制限などあり、後方をつっこんでから何度か切り返しを強いられるのだが、今日ついに一発駐車成功。やたー。
さて引き続きスカイランドのお話。

羽田とか大口の便はいつもだいたい似たような時刻に動くので、目安にしやすい。

お、スタアラだ。こっち来てからあんまり観なくなったような気がしないでもないが、どうだろう。

暑さ故のにょろにょろは承知でお見送り。いってらっしゃーい。

こういうの(1便で2シーン撮る効率重視スタイル)やるには、当家の場合2台使いが手っ取り早い。

伊丹に限った話ではないかもしれんが、同じ会社の便は離着陸が入れ違いになっていることがよくある。その結果、

上のと下の、違う便をほぼ同じポイントで撮ったらこんなことに。

あらよっと。機首下げ一瞬芸。いやいやレジ番違いますから。

それはともかく、エンジンが後方にあるタイプの背中を観てると MD を連想する。

ところで、この撮影環境。確かに家族連れが大多数なのだが、フェンスにくっついてるのがガチ勢だけかというとそんなことは全然ない。どちらにしろ、和気あいあいと相互に空間を保って快適に撮れる。よっぽどのネタ機の時は知らんけど。

それにしても、日陰が少なくて体力温存に苦労する。木陰が空いたのでズザーっと移動したのが多分この時間帯。

て、そんなことより、この時ちょっとハラハラしたんすよ。上の写真で真正面向いてるその JAL。

先行離陸機のクリアランスを待つわけでもないのに、なぜか始動がやたら遅い。ちょっとー、もう着陸機そのへんまで来てるんすけどー。はよ開けんでええんかねー。

ようやく行った。と安堵して振り返れば、

滑走路上が空いて1分もせずに千里川上。ふぅ。

そんなこんなで、目前での着地を堪能できるのは平常運用あってのこと。実は普段からこんなもんなんすかね。

Like
Share