OtiS IV

今週も花見と称した撮影を敢行。週半ばの大雨の影響もあって、場所によっては残念ながら終わってる木も多かったが、なんだかんだでいろいろ満喫してきた。やっぱ季節を感じに出かけるのは楽しいね。
さて空気読まずに昨秋の大阪ネタ、ここから電車ではない方へ。

この日の行き先が大阪市内になったのには、もうひとつ大きな理由があった。

そう、あいつが再びやってきたのだ。

09年、水都大阪というイベントで降臨して以来、何かと水関係の催しに現れることが多くなったラバーダック。同年冬にも観たし、さらにはなぜか数年後に尾道でも再会するなど、遭遇機会はちょいちょいあった。
で、15年。またしても舞台は水都。もはや常連である。

では早速ご挨拶に伺うとしましょう。北浜側からぐるりと回って順路通りに進むと、

はい、真正面。どーん。しかしいくら背景のビルと比べて縮尺がおかしいとはいっても、実際に生で観ないと迫力が伝わりづらいのが難点。

とりあえず人間との対比置いときますね。橋の上でちまちま写真を撮る者たちを、余裕の表情で受け止めるアヒル様。

今回、アヒル様の周辺には他のアヒルたちが増殖していた。

特製?ラバーダックデザイン車。フィットをベースにくちばし等を追加。

ちょうどいいところに飾ってあったので、本物(?)とのコラボも可能な状況。そりゃみんな撮るわ撮るわ。

あとはアヒルグッズを扱う移動販売車。こっちも真っ黄色。

ダッシュボードには手乗りサイズがこれでもかとあふれ返る。1匹お買い上げすることも考えたが、何でもかんでも買っていては家中キャラクターグッズだらけになってしまうので一応自重。

なわけで、久々の再会の時は和やかに過ぎていった。

鮮やかな黄色がよく映える、晴天の日でよかった。

ここまで来たので、最後にもういっちょ寄り道していくことにしよう。

Do you like this?

同じカテゴリの記事