大暑フェスタひろしま (9) わずかな逢瀬

節約月間と銘打って7月期(=広島行く前まで)にかなり頑張ってたわけだが、引き続き8月もそこそこ意識してみたところ、効果てきめんすぎてびっくりした。やればできるもんやね。
さて広島旅のお話、今日はちょっと時系列まぜまぜで。

セノハチ撮影は7時頃に終了。旦那さんはもっと撮りたかったかもしれない。が、主にわたしには他に気になるものがあった。朝限定のアレ、早期終了も有り得るなー、と。

そこで東広島である。車移動なら一応間に合うと計算してのこと。初めて改札使ったよ。

しかしメインイベントを早々に切り上げてまで来るということは、ただの西車のために来ているわけではなく。

狙いは勿論、3月改正から定期スジに1本だけ現れた「本線通過する V 様」。

まあちょっといろいろ物足りない部分はある。ちょっとばかり早押しになっちゃったし(※出力時にカット)、この天気やし。そもそも駅撮りで 1/8000 とか久々すぎて反射神経が鈍っていること確実。それ以前に、本線通過というなら W の時にあれほど撮ってるやないですかと。
そんな諸々を差し引いても、しおの隅っこでおとなしく小さくなっている姿や、通過線のない新神戸で狭そうにそろりそろり走っている姿よりは、随分のびのびとして見えた。

せっかくなので他のも少々。

れるすたの看板も、ほぼ下ろしきったに近い状態。寂しいけれどそれが時代の流れ。

そのお株を奪ったのがさくらたんだが、少なくとも内装は確実にグレードアップしてるから悪い話ではないね。て、なんすかこの回送。送り込みかね。そうこうしているうちに後続が来た。

うまい具合に「色違い」を揃えることはできたものの、影がなぁ。この駅で影なし2本撮りは午後限定かね。

とまあ、真面目モードでの幹線撮影は2日め朝のこれだけだったのだが、実は初日にもいろいろあった。

昼前に広島駅に着き、ごはん処を探していたら先にこんなんが見つかった。まだ春の葬式モード継続中だったようで。

あぁ、模型屋ね。納得。のぞみは今も健在。

それと。限りなくおまけに近いけど、今回の宿、少々トレインビューでして。

まさか新幹線と広電が同じフレームに入るとは思わんかった。ただし、狙ってもなかなか揃わん。

エアコンぶん回して猛暑疲れを取るかたわら、通過時刻になると窓に貼り付いて、あれやこれや撮っていたのであった。

Like
Share