Under your spell (3) 誰も皆英雄だった

万全とは言い難いながらも、なんとかやってます。あんまり無茶しないように気をつけるよ。いっそ随所でタクシー利用も検討中。
上京前に手持ちのネタ出しちゃおう。先週の新大阪周辺のラスト。

舞浜に備えて服を仕入れねばならない。が、その前にもうひとつ寄りたかった。せっかく夕方なんやし。
改札を出て、すいすいと西へ。1年ぶりだったけど、微妙にうらぶれた雰囲気は以前と同じ。新御堂をくぐって越えるルートは、よほど駅を改造しない限り変わらないだろう。

長い長い跨線橋。眼下では、赤い機関車が忙しそうにしていた。

客車をひっぱってきては別線に入れ、また隣の線に入り直す、という具合でずっと何かやっている。はて。あの色はトワイライトだと思うが、今日走る分を作っているのか、それとも。

ふと、改札で観た文字列が視界に蘇った。日本海、強風で運休。あれと関係あるのかも。
トワイの方をどうしたかったのかは判らずじまいだったが、こちらへひっぱり出してきた青い客車の正面には日本海のマークが垣間見えた。次の瞬間、DE 10 が気張って猛烈に噴き上げた煙にまかれ、思わずフェンスから離れた。

おっと、こうしちゃいられない。入れ換え作業を眺めているのも楽しいけど、今は撮らねばならぬものがある。空を確認。運が良ければ雲も避けてくれるだろう。
16両の白いのが西へ去った。次はこちらの番だ。かすかに、20番線のアナウンスらしきものが聴こえる。

746A の御到着。この日の太陽は裏切らなかった。
寝台列車をメインストリームから追いやったのが0系で、その0系に引導を渡したのが V。そして V が W から改造されてここにいるのも、栄光の座を N に譲ったから。こうして時代は巡るのか。

ほぼ同じ構図で旧客と0系を絡めた写真を某誌で観たから、決して無名スポットとはいえない。が、去年も今回も、ここでわたし以外に撮る人を観ることはなかった。ホームにもいなかったけど。わたし的には、今あえて駅撮りを済ませておけば2月は沿線に集中できるかな、という考えもあったので、まったりマイペースでできてよかったなと。

ま、それ以前にここが人気薄なのって壁が邪魔だからやろな。

手前に来れば来る程、無理矢理撮ってます感が。それでも、目の前にうなぎがいると無理矢理であろうとも撮ってしまうのが性分。

鈍く光る横顔が、ホームの壁の向こうに消えた。

その後、梅田に引き返し、阪急で最初に試着したものを速攻お買い上げ。24日はお出かけ早特がないから適当に乗れるものに乗るので、23日上京の準備もほぼ完了。心置きなく、明日(今日か)の日程を存分に楽しむとしよう。

Like
Share