M と愉快な仲間たち (5) 闇に彩りあり

今頃は離島でまったり過ごしていることになっております。パソコンでネットできる環境が18日までないんで、それまでは情弱ライフかも。というわけでメトロ最終回。

有楽町から通路を延々歩けば、日比谷につながる。相模大野にいた頃、千代田線で乗り換えなしで国フォに行けると喜んで乗ってみたら、日比谷からおそろしく長距離歩かされたのを思い出した。多分あの時と同じ通路。
ともかく千代田線である。

例によって小田急車がよく来る。従来より青が濃いのも見慣れた。

ちゃんとメトロ車も来る。この駅は線形の関係上、どっちを向いても編成撮りには適さないが、千代田線なので車種だけは多い。

JR も来る。それにつけても、この子の導入スピードも早かった。203 系はあっという間に引退したねぇ。

そんな中、日比谷での目玉だったのはコレ。なんと1本しかいない 06 系に見事遭遇。旦那さん大喜び。やっぱり今日もネタ体質は健在だったようだ。

日比谷から東銀座へ。ふりだしに戻って、最初撮る時間がなかった日比谷線を押さえておく。

ここもホーム端にまったく余裕がなく、2人交替で撮らざるを得ない状態。メトロはそういう駅が多い気がする。

東銀座からまた都営へ。

あれ、浅草線狙いなのに赤い電車が来たぞ。とりあえず移動しよう。

大門で寄り道して、大江戸線も押さえておく。これの影響で浜松町一帯も随分綺麗になったな。

しかし、浅草線の都営車が来ない。そして、単なる移動中に「しーふら」と遭遇する率が更に上がる。

都営車どこだーと追ううちに、きっぷで乗れる限界=泉岳寺まで来てしまった。

あ、いた。しかもまるでサービスのように3社並び。

で、ここに来るとさっきまでのハズレが嘘のようにさくさく来るという不思議。

しまいには青い電車まで。しかもワンワールド。初めて観た。ひこーき兼業にはかなりおいしい。

こうして、昼食込みで5時間超の乗りまくり撮りまくりデーはどうにか終了。ちょこちょこした移動が続いたからか、さすがに疲れた。
なお、都営は一応コンプしてるが、肝心のメトロが微妙に欠けているのは仕様です。だって南北線は鉄壁の完全ホームドアやし。副都心線は有楽町と共通運用の 10000 系で代理ってことでひとつ。
この日の結果をふまえつつ、南北線は後日改めて撮りに出かけることになる。その話はまた今度。

Like
Share