小さな電車の日 (4) 休息と交差

何故平日になると天気が良いのか。それはさておき、レポできたけど話の切りが悪いので明日ね。今日は都電行った後のおまけ、他社線ちょい撮りのまとめ。

そんなこんなで、我々は荒川車庫を後にした。
都電に乗ると混むからと、わざわざ選んだ JR ルートへ戻る。王子や大塚みたいな接続駅はともかく、尾久から徒歩圏内とは知らんかった。

その尾久には、赤い機関車が昼寝していた。同様に都電帰りなのか、他にもカメラを持った人がちらほら。それにしても皆ものすごい逆光な撮り方をしてんなぁ、と思って背景をよく観て納得。

目的はツリーですね。はい。
付近には他にも寝台とか寝台とかも見受けられたのだが、とても標準レンズでまともに撮れる距離ではなく、眺めるだけにしておいた。

上野までは1駅。

違和感あるようなないような不思議な草津を眺めたりした後、昼食をとって移動。

帰る前にちょっと寄り道。南渋谷(渋谷の湘南新宿側)から更にホーム1本分くらい歩くと、おもしろい場所に着く。ここは旦那さんが以前から気になっていたポイント。

跨線橋に上がると、このような2社コラボがお手軽に撮れる。ただし東急側は渋谷の工事に伴い、来年には地下へ。駅からは離れているけど、これもまたひとつの記録。

それでしばらく粘ってみるんだけど、意外と上下タイミングが合わないんだよなこれが。

仕方ないのでたまに JR 側で並走とか狙ってみるものの、山手・湘新・りんかいと常にいっぱい電車がいる印象の割にはあんまり揃わず。

ごみ処理場の煙突と、だんだん雲が増えてきた空を眺めつつ待つ。が、午前中の暑さにやられたのか、どうも体力の残量が少ないようだ。無理せんと、次クロスしたら引き上げよう。と考えていたところ、こうなった。

いやなにも4本ごちゃごちゃにならんでもええやんけ。ま、同時にこれだけ走ってるのを観れたからよしとしよう。

カフェかどこかで涼をとりたかったが、土曜午後で季節外れの猛暑な渋谷に空席などなく。結局駅ナカのジューサーバーでぐいっと一杯飲んでどうにか持たせ、おとなしく帰途に就いたのであった。

Like
Share