新しい眼でみる都会 (2) 週をこえる夜と朝

次回上京予定は来週末のライブ…なんやけども、ちょっと迷う。その交通費&宿代、最後の夏のために機材に回したいと考えちゃうと、ねぇ。うーむ。
迷いながらもとりあえず、先日の東京のまとめの続き。

この日の宿に新橋を選んだのは、サンルートが安かったから。新宿で風呂の開放感に感動したり、品川シーサイドで東二両ビューを堪能したり、何かと相性が良い。会員なのでチェックインで書くのは名前だけ、翌朝も13時まで(もはや朝ではない)滞在可能。楽だ。
で、今回の部屋にもおまけがついてきた。

東京タワービュー。網入りガラスをぼかすため若干画像処理したけど、ほぼこんな感じで見える。夜景にわかりやすいランドマークが入ってると、東京来てるぞ感が増す。

丸子橋を後にしてから、レイトショーのある映画館を探しまくっていた。池袋は良い席がない。としまえんや板橋はちょっと遠い。で、出た結論が木場。携帯でチケ買えるって、いい時代やなぁ。
その木場をめざして、浅草線に向かう。今思えば銀座線ならメトロだけで行けたのだが、まぁいいや。おかげで、たった3駅ではあるがアレに乗れたから。
赤い電車の新1000形。高らかに鳴り響くドレミファに、思わず緩む口元をあわてて隠す。いずれは「歌わない方」が主流になってしまうのだろうかと、ものすごく座り心地の良いロングシートの感触を楽しみつつ思った。

東西線に乗り換えて到着。ヨーカドーはこっち、という案内に従って進むと、意外なものが待っていた。

…深川? 木場と深川ってかぶっとるん?
まあともかく、どうやら深川ギャザリアという複合施設の中にヨーカドーが入ってて、その中に109シネマズが入ってるということのようだ。

中庭で、不思議な丸い物体を発見。一番外の青い点が増えてゆき、緑の点のすぐ内側に極小の白い点があり、これはたまに移動する。あぁ、時計か。24分40秒くらい。写真じゃ判らんけど「時」は緑の点滅だったかな。

カレーうどんを食べて、3番スクリーンで驚きでぽかーんとなって、出てきたのが23時半。終電の2本前に間に合った。そういう風に上映スケジュール組んであるんやろね。

翌朝。月曜だ。平日の東京を観るのは2月以来かな。くまと遊び、多摩川で撮り、さらに映画まで観たので、さすがに疲労困憊。朝食も忘れて爆睡してしまった。

部屋の窓から、北東に延びる通りを見下ろす。暑そうな空。

って本気で暑いし! ぎりぎりまで宿にいて正解やった。無駄に動いたら倒れる。でも新橋なもんで、つい寄っちゃった。

言わずと知れた日比谷口名物。意外と撮る機会ないんよね。基本的にどこから撮っても背景が広告類でやりづらいし。

あと、選挙終わったんやから横断幕はとっとと剥いでほしい。

Like
Share