OtiS IV

最近、24時半回った途端にスリープタイマーでも掛かってるかの如く眠くなる。これはきっと身体が社会復帰を促しているのだ。そうに違いない。

そんな中、来週末の厄除けより先にやってきたイベントが。十日戎だ。福男で有名な、そしてうちから一番近い「えべっさん」では、混雑を分散するためか、今日から3日にわたって行われる。わたしが最後に行ったのは多分7年以上前。
たまたま今日は父が休日だったので、3人で行くことに。そりゃ行くでしょ。繁盛したいもん。

しかし、平日だからそれなりに空いてるだろうと思いきや。

あー、なんか結構いるねー。よく観ると非会社員が多そうだが。

張り切ってテレビカメラも待機してるし(ちなみに ABC)。

まぁでもまともに歩けるだけましだと思う。
母が、昨年までの札や矢を納札所に託しに行く。此処は他の神社の札でも一緒に焚いてくれるらしい。寛大やな。

では行こかー。鳥居をくぐって、社務所のつきあたりを左折すると本殿への入口。

えーと穴の空いた硬貨、と。50円あったのでそれを使う。そして最低限のお願いごと。って、まぁ商売繁盛の神様だから一点集中しかないんだけど。
そして振り返る。此処にはこの時期名物のものがあるのだ。

まぐろ。これに硬貨を貼ると良いらしい。しかーし、その貼るための列がものすごいわけで。後で観たら、20分はかかりそうなくらい並んでた。ので却下。

お札と福笹、それに熊手を買い、あとはおやつだ。

たいやき1列買い占め。といっても6個だが。祖父母の分もあるからね。しかし、味的には年末にいかりで売ってたやつの方が美味かったのは秘密。

その後夕食の買い物してさくっと帰宅。
しかし、えべっさん近隣の車両封じはすごかった。全然路地に入れない。少し離れた市役所の横でなんとか停めれたが、お参り込みで1時間くらい歩いたので結構疲れたわー。今そこで父が爆睡してるが、わたしも30分以上うたた寝しちゃった。

さ、では仕事だ。えべっさんにお願いするだけじゃなくて自助努力しなきゃね。

Do you like this?

同じカテゴリの記事