OtiS IV

先週末くらいから、やや高度な技術が求められる案件に取り組んでおります。数値の計算や文字列の保持など、これまで経験してきたあれやこれやを一斉投入してクライアントサイドでなんとかするやつ。やりがいあるけど、すごい頭疲れるわー。
なわけで2月中部日帰り遠征の巻ラスト。そろそろ花見の話書きたい。

お目当てはしばらく動く気配がなさそう。というより、我々の滞在中に再び動きがあるかすらあやしい。なにか見つけてはワイヤーフェンスに貼り付き、そそくさと強風から逃げ出すことを繰り返しながら、他の機材をいろいろ撮る。

台湾のタイガーエアさん。虎柄ってのが直球でわかりやすいね。

しっぽが目立つけど、ちゃっかりエンジンカウルにもあしらってるのがよい。

お大韓さんの姿も。

吉祥航空、香港でも観たな。

特殊塗装もいくつか見かけた。

観音様っぽいのが描いてあるなんだか優美な中国東方、どうやら甘粛省の観光キャンペーンのようだ。

香港エクスプレスもいるなと思ったら、絵柄が高松。就航先の PR か。なお右サイドは見ての通り栗林公園だが、裏はなんとうどんだった。ぶれない香川県。
セントレアの就航状況にはまるで詳しくないのだが、おそらく普段そんなに来ない会社もちらほらあったのではないかと推測している。時は2月中旬、まさに春節休みの真っ只中。そりゃ大陸や台湾香港の需要あるはずだわ。

国内勢も赤青の2大勢力に負けず劣らず、カラフルな各社が出入りしていた。

機材がみんなちっちゃいのは航空業界の時流です。たぶん。

一見シンプルだが、よく観るとあれこれ書いてあったのが JTA。空手アピールもさることながら、ウィングレットの内側にアマミノクロウサギがいるところがポイント高め。

そんな中、レギュラー就航陣の一角を占めるキャセイさん。この日も普段通り(?)の大型機材でこんにちは。

傾く夕日を受けつつ、香港へ帰っていった。またそのうちねー。

てな感じで、強風とどんどん下がる気温に凍えつつも粘ったのだが、日没でタイムアップ。おうち帰らんといけませんので。

結局、アントノフ氏は日付が変わった後深夜に旅立ったらしい。そうとも知らず我々は、この後急速に天候悪化する中、想定外の雪すらちらつく高速を全力で逃げ帰ったのであった。いや、あの、うちスタッドレス装備しておりませんので。間に合ってよかったー。

Do you like this?

同じカテゴリの記事