ナリタの夏、世界の夏 (4) 丈高き主役

今日は昼前からふらっとお気軽撮影。最後の最後で斜め上の展開になったため、妙な徒労感を2人で抱えて帰る羽目になった。ついでに本買って帰って、V 様団臨の謎を解くヒントを得られたことの方がよっぽど収穫だったかもしれん。まあだからといって撮りに行けるスケジュールではないわけだが。
さて、今日もまだまだ NRT の話。

夕方のハイライト。それは、続けざまにやってくる2機の A380。これを見逃さないように、17時前におやつをとっておいたのだ。

まずはエミレーツ。この日初見だった機材の中でも一番の目玉。木立飛び出しは、わりとこの時間帯のために練習していたようなもの。

エンジンに書かれた文字は読めないけど、アラブの雰囲気を感じるには充分な装飾。

課題のマロウド背景も抜かりなく。尾翼にかけての模様が、真横から観るとエアバス機特有の優美なラインと相まって非常に美しい。

着陸する後ろ姿までもれなくしっかり追いたくなる。

それから10分と経たずに、今度はシンガポール。

以下ほとんど写真がコピペ構図ですが、わざとです。多分。

こちらは何度か観たことあったけど、それでも総2階建ての迫力は何度会っても独特。

同じくマロウド付きで、あとは着陸までがんばる。しかし、軽いレンズがいいなという理由ではあったにせよ、70-300 にしておいて結果的には正解だった。でなきゃ真横とか無理。

この2本のために夕方まで陣を張っていた人が大変多かったようで、隅から隅まで賑わっていたさくらの山も、この後少し落ち着きを取り戻すことになる。

Like
Share