ナリタの夏、世界の夏 (5) 仄けき夕日

昨日うっかりフラゲし忘れたものを、2週前に出てたものと一緒に買ってきた。後者を初回と通常ですごく迷ったが、タワレコの「6000円以上でポイント3倍」に華麗に釣られて初回を選択。だって通常だと合計が5980円…。ともあれ、これで次なにか買うときに期限切れ近いポイントが使える。ほっ。
まあその話についてはちゃんと聴いてから書くとして、引き続き先月の NRT から。

巨体2本を迎え撃つのと前後して、相変わらずいろんなものが去就する。

中華系の派手塗装はいろいろあるけど、随分前に初めて観たのはこれだったかもしれない。塗装凝ってるんだからもうちっと掃除すりゃええのに。

あとやたら多いのがカーゴ。今回は ANA 多め。

バージョン違いも稼働中。

NCA はこの時期まだ新機材が入る前だったので、またそのうちね。

日の入りが遅いこの時期。ただ、観ての通りのお天気で、機材全体がオレンジに染まる絵はまったく期待できず。

唯一おひさまパワーをかすかに感じ取れたのは、離陸寸前にターンする瞬間、前部から後部へ、そして尾翼へと、素早く走る光の線。それも結局このユナ辺りを最後に打ち止め。成田をはじめとして、千葉ロケの天候にさっぱり恵まれない当家であった。あ、千葉運がない話はまた今度ゆっくりね。

当初の想定では、さっき(前回記事)の2本で引き上げるつもりだった。が、現場でわいわいやっていると何故か楽しくなってしまい、なんとなく延長戦に突入。

で、暗くなってきた時の恒例アンコリスナイパー大会。

でもこれが意外と当たらない。あ、ジェットスター国内機2本め。

ところで、さっき A380 が2本来たわけだが、実はもう1本あった。

雲をかすかに染める残照とともに、2度目のシンガポール。

しかしこの暗さでは止まるものも止まらない。まあ腕が足りないだけなんですけど。

やっときたーと思ったら待っていたのは吹き流し。残念でした。

Like
Share