one year after (2) ふえる白雲

今頃わたくしは「九段下の駅を降りて坂道」のあたりではないかと思われます。いやもう着いてるか。ということで留守番恒例予約投稿で NRT の続きどうぞー。

昼頃にもう少し欧州系があった。

KLM はだいたいハズレがない印象。4発機なら、下からでもこのくらいの角度が一番スマートで栄えるかも。

早い子は早いんだよねー。その違いは機種なのか会社なのか距離なのか。

ここでちょっとコンビニ寄って昼食を買い出し。そのまま車中でさくっといただいて、営業再開。

したのはいいが、なんだねこのまっしろ背景は。せっかくの光沢ボディが活きないではないか。

結果、さっき以上に「青い部分に必死で当てにいく作戦」を強いられることに。しかし、ポーラは一度会ってから遭遇率が上がったような。

きりがないのと、朝からほぼずっと山ばかりで飽きてきたので、ここで移動決定。その結果レア機を見事に見逃した件については前述の通り。

駅に用事があったので、ついでにターミナルの展望台にお立ち寄り。

羽田でもたまに観られる光景だが、エンジン始動時の煙っぷりはなんともいえず見ごたえがある。ガタイがでかいこともあってか、このデルタは実に豪快だった。げほげほ。これでも噴出ピークは過ぎている。

ど逆光でいろいろアレだったが、収穫だったのは UPS の上がりを真横で観れたことか。米系貨物、特に中型機って、いつも早々に上がっちゃって山ではつまらんことが多いからなぁ。

ところで。成田からうちへ帰ろうとすると、ほぼ確実に羽田付近を通ることになる。ついでに寄ってきた。

いや、鶴丸向け B8 のテスト機がいると聴いて。インターからじゃこれが精一杯やったんで、とりあえず証拠写真。

余談だがこの日はひなまつり。なにかとそれっぽいものを館内でたくさん見かけて、気分だけちょっぴり味わった。モニタの桃の花がちょっと某ねずみっぽいような気がしないでもないが。

Like
Share