OtiS IV

今日は午後からおかたづけデー。実家から引き上げたブラックボックス(黒いかもしれない歴史が詰まった箱)のうち、比較的ホワイトな方の中身を棚に収納した。ガツンとブラックな方はまたそのうちね。
さて、4月の東京から久々に鉄分多めな話を。

そもそも転居わずか1ヶ月で東京へ来たのは、この週末まで催されていた、大鶴さんの個展へ伺うのが目的だった。引っ越し直後すぎて当初は諦めていたものの、ダイナミックパッケージでかなり安く東京へ行けることを知った旦那さんが勢いで予約したため、やや突発的な上京が実現した次第。

羽田から会場へ向かい、夕方に無事ごあいさつ完了。雑談がてら、素敵な写真を堪能させていただいた。その後、会場最寄り駅付近で夕食を済ませて都心に戻る。せっかくなので、ちょっと寄り道。

東京駅を通りかかったので寄っていくという、横浜時代にもよくやったパターン。
それにしても、東管内はカラフルに拍車がかかった。いうまでもなく北陸開業の影響。どうやら、東北=緑、上越=赤、北陸=紫、となっているようだ。フルカラー LED の面目躍如。

バリエーションの多さならホーム端も負けてはいない。10、12、16、17。さらに U。おまけで「事」。

車両のバリエーションは少し落ち着いたものの、ごくたまに現れる E3 新色が異彩を放っている。

そして E4 の圧倒的な収容能力はなお健在。

土曜の夜。駅にはちょっとした人間模様が交錯していた。

遠距離なのだろう、E6 に乗っていった男性を見送る女性。連結した E5 のテールランプまでしっかり見届けていた。あーわかるわかる。やっぱそこまで観るよねー。

非常に多かったのが旅行会社の旗。クラブツーリズムだの読売だの阪急だの、とにかく東京に列車が着く度に1社は来る勢いだった。東北方面への日帰り旅行需要は、結構あるらしい。

ところで、やっぱアレ観たいよね。ようやく開業した北陸の列車。

いや、E7 自体は観たことありますけど、あの時まだ「あさま」でしたし。

おっ、これこれ。「かがやき/金沢」。
ちなみにこれが現行ダイヤでの最終便である。21時過ぎに東京出て、その日のうちに陸路で金沢に着く、と考えると、やっぱ速いなぁ。

いつか乗りたいグランクラス。関西民にはハードルが高い乗り物になってしまったが、いずれ機会を作りたいとは思う。

多分グリーンでも結構乗り心地いいんだろうけど。
と、最新状況の一端に触れたところで、この日は営業終了。お宿に帰ってゆっくり休もう。

Do you like this?

同じカテゴリの記事